雨氷

雨氷(うひょう)Wikipedia

.

冷た「過ぎる」雨。

着地の衝撃によって
瞬時に凍りつく。

何もかもが
氷漬けになる。

EOS5D Mark II + EF500mm F4 L IS USM

.




EOS5D Mark II + EF180mm F3.5L Macro USM

.




EOS5D Mark II + EF180mm F3.5L Macro USM

.




EOS5D Mark II + EF180mm F3.5L Macro USM

.




EOS5D Mark II + EF180mm F3.5L Macro USM

.




EOS5D Mark II + EF500mm F4 L IS USM

.




EOS5D Mark II + EF500mm F4 L IS USM

.




EOS5D Mark II + EF500mm F4 L IS USM

.




EOS5D Mark II + EF500mm F4 L IS USM

.




EOS7D + EF300mm F2.8 L IS USM

.




撮影後記

 珍しい気象現象「雨氷(うひょう)」を撮影しました。
 この現象、水の「過冷却」によって起こります。
 通常水は0℃で凍りますが、条件次第では氷点下になっても凍らないことがあります。
 身近でよくある例としては、冷凍庫に入れたペットボトルの飲料がなぜか凍らず、飲もうとすると一瞬で凍結して飲めなくなる現象もその一つです。
 上空で過冷却状態になった雨粒が、着地するとその衝撃で一瞬のうちに凍結するので、地上にあるものは全て氷漬けという珍しい光景になります。

タグ「空と気象・自然風景」の関連記事

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。