小松基地航空祭2018【F-4・F-2・ブルーインパルス】

【OP&F-15機動展示】【飛行教導群・大編隊航過】【F-4・F-2・ブルーインパルス】【外来機F2・F4帰投】

石川県小松基地 航空自衛隊小松基地
小松基地航空祭2018(9月17日)
F-4・F-2機動展示(飛行開発実験団)
ブルーインパルス

.



三菱 F-4EJ Phantom II。

1960~70年台の、
空の英雄。

小松基地航空祭2018 F4機首正面

.



F-4EJ #336
納入は1974年1月。
今年で44歳の機体。

他のF-4が次々と引退していく中、
まだこうして力強く飛んでいる。

だが、現役を退く日は
刻々と迫っている。

小松基地航空祭2018 F4機動展示

.



最初にこの機体を見た時、
そのあまりにも武骨で重そうな造形が
あまり好きになれなかった。

小松基地航空祭2018 F4機動展示

.



しかし、双発ターボジェットの
荒々しい排気音や
武骨さに
次第に心惹かれていった。

小松基地航空祭2018 F4機動展示

.



今でも、長野市上空を
時折、F-4が通過していくことがある。
(多分、百里のファントムだと思う)

かなりの高度を飛んでいく機影。
しかし、その音とシルエットで
はっきりとファントムだとわかる。

存在感のある機体だと思う。

小松基地航空祭2018 F4機動展示

.



あの轟くようなジェットサウンドが
近い将来、聞けなくなってしまうのは寂しい。

でもこうして、
航空祭で元気に飛び回る姿を見ることができて
本当に良かった。

小松基地航空祭2018 F4機動展示

.



三菱 F-2

小松基地航空祭2018 F2 地上展示

.



F-4と同じく、
岐阜の飛行開発実験団から
リモートで飛来。

模擬対地攻撃展示を実施。

小松基地航空祭2018 F2 機動展示

.



機番は #514
納入は2001年1月。
現役バリバリである。

小松基地航空祭2018 F2 機動展示

.



新しい世代の飛行機なので、
金属だけでなく
複合素材を多量に用いた主翼のせいなのか
荷重でかなりしなる。

小松基地航空祭2018 F2 機動展示

.



パワーが有るのに
クルクルとよく動く印象。

小松基地航空祭2018 F2 機動展示

.



観客への挨拶で
左右に切り返し。
背中の洋上迷彩に
日の丸がよく映える。

小松基地航空祭2018 F2 機動展示

.



タイトな旋回時特有の
襟巻きベイパー
今年も健在。

F-2は上空でひとしきり暴れまわると
意気揚々と
また岐阜へと引き上げていった。

小松基地航空祭2018 F2 機動展示

.



午後の大イベント、
ブルーインパルス。

これだけを目当てに来る
観客も多い。

.



タキシングを開始する頃になると
人の壁で
垂直尾翼しか見えない。

多くの観客が
手を振って彼らにエールを送る。

やっぱり、
愛されているんだなあ。

.



しかし皮肉なことに、
午前中、あれだけ晴れていた空も
雲行きが怪しくなってきた。

.



灰色の空に
白いスモーク。

またもや、
墨絵の世界に。

.



それでもまだ、
垂直系の演目が実施されるだけでも
ありがたい。

過去数回は
ずっと第5区分だったから・・・

.



チェンジオーバーターン後半。

.




.



スローロール。

.



チェンジオーバーループ 。

.




.



4シップ・インバーテッド
リカバリー直前。

.



ラインアブレストループ。

.



ワイド・トゥ・デルタループ。

.



デルタロール。

.



デルタロール後半。

.


コンディション悪化により
区分下げ・・・うう。

フェニックス・ローパス。

.



タッククロス。

.



ローリングコンバットピッチ後半。

.



コークスクリュー
リカバリー直後。

.



とにかく、
飛んでくれただけでも嬉しい。

.
青空に描く白線は
いつになったら
再び見られるのか・・・

 


【外来機帰投】に続く

【OP&F-15機動展示】【飛行教導群・大編隊航過】【F-4・F-2・ブルーインパルス】【外来機F2・F4帰投】

 

関連記事

6+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。