小松基地航空祭2019【救難展示・F-4&F-2機動飛行】

石川県小松市 航空自衛隊小松基地 小松基地航空祭2019(9月16日)
「救難展示・F-4&F-2機動飛行」

.

救難ヘリコプター
UH-60J登場。

機番は#593

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.
全幅:16.36m(ローター含む)
全長:19.76m(ローター含む)
全高:5.13m

最大速度:265km/h

航続距離:約1,290km


米国シコルスキー社のUH-60ブラックホークを救難用に独自改良、
三菱重工がライセンス生産。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



現場に救難員(メディック)を乗せて急行。

要救助者の捜索、救助にあたる。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



メディックがラペリング降下。

もしも遭難して生死の淵に立った時、
ヘリの音が近づいてくれば希望が蘇り、
空から懸垂降下してくるメディックが見えれば
生き延びたことを確信するだろう。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



救助活動の間、
上空を旋回し続けるのは
救難捜索機、U-125A。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.
全幅:15.66m
全長:15.60m
全高:5.36m
最大速度:約820km/h
航続距離 : 4,890km

ホーカー・ビーチクラフト社のビジネスジェット「ホーカー800」を、救難用に独自改良。
UH-60Jと常にタッグを組んで、
U-125Aが現場にいち早く到着、捜索開始し、
要救助者を発見するとUH-60Jにバトンタッチ、
メディックが救助にあたるという流れ。



戦闘機と比べると、
あまりにも静かでエレガントな飛び方。
さすが元ビジネスジェットだけある。

胴体には捜索用の大きな窓。

・・・!?

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



なにかが
こっち見てる。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III(一部拡大)

.



確かに、こっち見てる。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



メディックが要救助者(役の人形)を
ホイストで吊り上げ。
救助完了。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



旋回するU-125Aも
それを見届ける。

・・・あ、いなくなってる。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



やっぱ、普通に戻ってる。
一体、なんだったんだあれは。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



調べてみたら、
小松救難隊イメージキャラクター(?)の
「救難犬レクサ」
なのだそうだ。

救難隊も独自路線でアピールしてるなぁ。
面白い!

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



歴戦の英雄、
F-4。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



小松には毎回、
岐阜基地の飛行開発実験団(通称:飛実団)の
F-4EJファントムIIがリモートで飛来。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.


EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

機番は#336

登録はなんと、1974年。
40年以上飛んでいる機体。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



F-4EJのほとんどがF-4EJ改へと改修され、
そのEJ改ですら、まもなくほとんどが退役するという時期にあって、
原型のEJのまま飛んでいる
奇跡的な生存機のうちの1機。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



ファントム特有の
青色アフターバーナー。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



ギアとアレスティングフックを下げて
ロースピードパス。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



熟練の古参兵の風格。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



このターボジェットの轟きが
聞けなくなるのは寂しいな。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



続いて、こちらも恒例、
飛実団のF-2。

リモートで飛来。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



機番は#502

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



F-2Aの2号機で、
飛実団でテスト機カラーのまま
ずっと運用されている。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



F-16をベースに日本が大幅に手を入れて開発。

F-16より若干大きく、
海上阻止任務で低空飛行する際の安全確保のため
キャノピーはフレームが入った2ピースに。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



外見はF-16そっくり。
しかし、中身は別物だという。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



原型よりも高性能に作り直す。
日本のモノづくりの魂が生きている。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



この機体で曲技飛行をすれば、
プリモ大尉のF-16に引けをとらないと思うんだけどなぁ。
やってくれないかなー。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



毎度おなじみ、
対地模擬攻撃展示。

目標に軸線を合わせて急降下。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



実戦ならば、
ここで射爆開始。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



引き起こしが始まった時にはもう、
標的の運命は決している。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



最後は
ギアを出して
ロースピードパス。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



ホームの岐阜基地までは
F-2にとって
ちょっと散歩に出るような距離でしかない。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



小松には降りずに
そのまま岐阜にトンボ返り。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



天気のいい日なら、
岐阜からハイレートで上がると
小松が見えるとか見えないとか。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



パイロットは
我々とは違う距離尺度の中で
生きているんだろうなぁ。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.
まだ続く



 

タグ「 航空機(軍用機等)」の関連記事

6+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。