メシを撮ること2020年3月+α

自宅とか 1月から3月のメシ撮り累積

.
しばらくメシ撮りを怠ってしまって反省。

とはいえ、たまには撮っていた。

3か月分をなんとか寄せ集めてアップしようと思う。



まずは、実家で出てきたつまみから。

豚肉のソテー

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



牛すじ煮込み

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



チーズハンバーグってたまに食べたくなりません?

でも外で食べるのは高くてバカバカしいし、
かと言って手捏ねで自作するのも面倒だし・・・

そこで思いついた。

セブンイレブン「金のハンバーグ」+「とろけるチーズ」
グラタン皿に入れて、
魚焼きグリルでひと炙り。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



見た目以上に美味しいのでお試しあれ。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



ほんと季節外れなのだが・・・

お雑煮

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

毎年言ってる気がするが、
お雑煮はダシを贅沢にして、
具材は極力シンプルが良い。

.



7キロの散歩で収穫したフキノトウを
春の宴のアテに。

ふき味噌

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



フキノトウの天ぷら

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



ワサビの花のおひたし

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



あまりにもネタが少ないことに愕然として、
月末になって慌てて撮影。

とはいえ、既出のメニューだけど。

最近はお手軽な「ねぎ餃子」ばかり作っていたけど、
久しぶりにキャベツを使った本式餃子を。

もう餃子は何千個も作っているので、
包み方にはある程度自信がある。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



焼き上がり。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



いつもは2ターン目の方が上手く焼けるのだけれど、
今回は初回から上手くいった。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



旨し。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

 


.

輸入牛肉は安くて良いんだけど、
国産牛と比べてかなり獣肉のクセが強かったりするので苦手、という方も多いと思います。

安かろう悪かろうで諦めるのはまだ早い。

ひょんなことから考案した、
輸入牛肉をまるで和牛のような感じに仕上げる
我が家定番の調理法を紹介します。


今回使うのはニュージーランド産牛肉。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



まず、牛肉を鍋に入れ、
そこにひたひたの水を。

お湯でなく水です(重要)。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



そこから、超弱火で温度をジリジリ上げていきます。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

輸入牛肉の獣肉臭さというのは、
肉自体にあるのではなく、
肉に含まれている「血液成分」にこそあります。

水からゆっくり温度を上げていくことで
肉の中の血液成分が水に溶けだします。
これがまず、1つ目の狙いです。

.



鍋を適度に撹拌しながら少しずつ温度を上げて、
肉が白っぽいピンク色になるのを見計らいます。

この段階では絶対に沸騰させないように(重要)。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



ここで、肉は鍋から上げてしまいます。

さらに、肉についたアクを水道水でしっかり洗ってしまいます。
肉にアクを残さないのが重要。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



さて、鍋の中に残った煮汁。
肉から滲み出た血液成分と旨味がごちゃまぜになったもの。

ここから、血液成分だけを取り除いていきます。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



加熱開始。

肉の血液成分、これがいわゆる「アク」。
温度が上がるに従って、凝固して浮いてきます。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



これをすかさず網ですくって取り除きます。
アクを浮かせたまま沸騰を続けると、
アクがスープに分散して除去不能になるので
その都度、手早く。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



沸騰状態をキープすると、
アクが次々と浮いてくるので、
どんどんすくいます。

鍋の底に浮かずにこびりついたアクがあるので、
たまにかき混ぜつつこそげます。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



ここからは執念の戦い。
沸騰するお湯の谷間にチョコレート色のアクが少しずつ溜まるので、
これを取り続けます。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



これをしつこく続けると、
アクの量が劇的に少なくなり、
いつの間にかスープは透明になってきます。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

これで、牛肉の旨味だけを残したスープの完成です。
このスープの旨味を、先程の肉に戻すのであります。

ちなみに、同じ鍋で調理を続ける場合は、
一度スープを別容器に移して、
鍋の内側に付いたアクを洗います。

ここまで手間を掛けたからには
ぬかりなく。

.



肉と煮汁の再会。
圧倒的にきれいなスープなのが分かると思います。
見た目どおり、獣肉臭さは全くありません。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



後は、好みのやり方で煮ていきます。
今回は、ささがきゴボウと炊いていきます。

ちょっと固めの肉質なので
長めに炊きます。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



完成。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



おそらく十中八九の人は
これが輸入牛肉だと気づかないのでは・・・。

そのくらい、味が劇的に上品になります。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

手間さえ惜しまなければ、
輸入牛肉だけでなく、
全ての肉料理に活用できる技ですので
どうぞお試しあれ。

 

.


撮影後記

 サボってすいません。
 これから屋外撮影が状況的に厳しくなることも考慮しつつ、屋内撮影のウェイトを増やしていこうかなと思っています。
 外出できないので撮影できません、と宣言するのはカメラ使いとしてくやしいので。
 家の中でも、それなりに写真は楽しめると思うので。

 

タグ「料理写真」の関連記事

1+