紅葉2020 ― 大町市「霊松寺」紅葉【2】

長野県大町市 霊松寺(11月8日) 地図

.
11月8日。
前回の撮影から1週間後。


あれほど鮮やかだったカエデの葉はほとんど落ち、
紅葉観音も晩秋の装い。

EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

.



カエデに代わって
真紅のドウダンツツジが
鮮やかさを増している。

EOS5D Mark IV + EF135mm F2L USM

.



山門とドウダンツツジ。

EOS5D Mark IV + EF135mm F2L USM

.



庫裏内部から。

EOS5D Mark IV + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



ドウダンツツジ越しの山門屋根。

EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

.




EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

.



前回はまだ青さを残していたイチョウの木。
真っ黄色になって
すでに落葉が始まっている。

この木の下で
皆が俯いてなにか探しているのには訳がある。

EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

.



このイチョウはちょっと普通と違っていて
葉っぱの上に銀杏が実ることがある。
その確率、約10%。

市の天然記念物に指定されたこの木は
「オハツキイチョウ」と呼ばれ、
実付きの葉は
子宝のお守りとして珍重される。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



黄色の絨毯。

EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

.




EOS5D Mark IV + EF135mm F2L USM

.




EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.




EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.




EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



木漏れ日が陰影を落とす。

EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

.



ドウダンツツジとのコントラスト。

EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

.




EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

.




EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

.




EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

.




EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

.




EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



秋深い境内。

EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

.

銀杏の葉っぱが散るとまもなく、
冬がすぐそこまでやってくる。


 

タグ「紅葉」の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。