追跡、謎のニホンカモシカ

長野県大町市 平

-




「いったい、どっちなのか?」

分かっていたつもりになっていたものが
ふたたび謎に包まれる。


謎のニホンカモシカ
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

事の顛末は
こうなのである。




4月1日。

いつものカモシカの棲みかへ
様子を見に行った時のことだ。

この日、運良く馴染みのカモシカに会うことができた。

しかし、困ったことがあった。

2頭一緒にいたのだ。

2頭のニホンカモシカ
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



彼らが2頭でいるのを見るのは
これが初めてではなかった。

昨年の12月、この2頭が
同じように仲睦まじく一緒にいるのを
この眼で見て、写真に収めている。

この馴染みのカモシカはオスだ、
と私は思った。
なぜなら、かなり体格が良かったことと、
「角輪(ツノの模様)の間隔が揃っているのはオス」
という説があったからだ。

カモシカの繁殖期は初冬。
そういう季節ということもあって、
年季の入ったオスが
若いメスのカモシカと恋に落ちた、
と考えたのだ。

2頭のニホンカモシカ
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

しかし、ニホンカモシカは
基本的に単独行動の獣だ。
オスとメスが一緒に行動するのは
繁殖期に限られる(と思う)。

あれから4か月余り。

いまだに夫婦で
仲良く行動しているというのは
どこかおかしい。

もしや、
私のカモシカ達に対する見立てが
根本的に間違っているのではないか。

そう思えてきた。

その後、
この謎をなんとか解明したくて、
何度も何度も彼らの場所に足を運んだが
なぜか一度も会うことは叶わなかった。

そればかりか、彼らの足跡すらも見つけられない。

一体どこへ行ってしまったのか。




4月22日。

北アルプスの麓にも
芽吹きの季節がやってきていた。

この日も私は
彼らがどこかにいないかと思い
いつもの山に分け入る。

そこで、やっと手がかりを発見した。

タラノキに絡みついたニホンカモシカの冬毛
iPhone6s

芽吹いたばかりの1本のタラノキに
白い毛が絡みついている。

毛の質感や、絡みついている場所から考えて
カモシカの体毛に間違いない。

この時期、カモシカは寒さを耐えるための冬毛から
涼しい夏毛に「衣替え」を行う。
その時期の彼らが山の中を歩くと、
木の枝などに抜けた冬毛が絡みつくのだ。

ちなみに、これらの置き土産は
野鳥にとって、巣作りのための
絶好の建材となるそうだ。

とにもかくにも、
カモシカたちはまだこの山の中にいる。

生存確認がとれただけでも幸運だった。





さらに幸運は続いた。

見つけた。

この顔つき、
馴染みの個体に間違いない。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



厚手の冬毛が抜け落ちて
全体的にかなりスリムなシルエットに変わっている。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



突然の人間の出現に
警戒してこちらを凝視する。

ニホンカモシカは
ニホンジカのように
見境なく逃げ出したりしない。

警戒心と好奇心の眼差しで
じっと相手を見定める。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




やがてこちらが無害だと理解したのか、
カモシカは食事を始めた。

地面から顔を覗かせる
さまざまな植物の新芽に
鼻を近づけて
丹念に匂いを嗅いでいる。

その草が食えるか食えないかの判断は
嗅覚によっているようだ。

草を食べるニホンカモシカ
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



嗅覚による吟味の結果
食べ始めたのは
フキの葉。

こんなに苦いものをよく生で食べるな、と思うが
別に気にしていないらしい。

というより、フキの葉を選んで食べているところを見ると
むしろ好物なのかもしれない。

若いフキの葉を食べるニホンカモシカ
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



横顔。

目の下に見える異物のようなものは眼下腺。
ここから出る分泌物を樹木などにこすりつけて
縄張りのマーキングを行う。

ニホンカモシカの横顔
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




この個体に出会ってもう何年も経つが
会うたびに
風格が増しているように思う。

均整の取れたその風貌は
健在だ。

ニホンカモシカの顔アップ
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




そしてこの日、
この個体の決定的な行動を目にする。

それは、カモシカの放尿だ。

カメラを構える私のすぐ目の前で
悠々とおしっこをし始めたのだ。

放尿するニホンカモシカ
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-




写真家の宮崎学氏によれば、
ニホンカモシカの雌雄を見分けるポイントとして
「放尿時の姿勢」があるという。

放尿時、オスがいわゆる「立ちション」に近い姿勢なのに対して、
メスは腰をぐっと下に落として用を足すので
放尿の様子によって雌雄の判別は容易である、と。

目の前のカモシカは
腰を落として放尿している。
つまり、
この個体はメスである可能性が高い。

いままでオスだと思っていたこの個体は
実はメスだった。
ということは、
パートナーだと思っていた若い個体は
子供なのではないか。

カモシカは子供を生むと
1年間は生活を共にするという。

子供が生まれるのは初夏。
冬の間、2頭のカモシカが一緒に過ごしたとすれば、
それが夫婦ではなく、
親子であったという方が容易に説明がつく。

この馴染みのカモシカは「母」、
つまり「メス」
だったのだ。

しかし、この日
もう1頭の、おそらく子供であろうカモシカの姿は
目にすることができなかった。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



この日、
もう一つの発見があった。

「ため糞」場だ。

ニホンジカは
東大寺境内の暮らしぶりからも分かるように
あらゆる場所で
好き勝手にフンをばらまく。

でもカモシカは
フンをする場所が決まっていて
いつも同じ場所に来て用を足す習性がある。

その「ため糞」場を
ついに見つけることができた。

ここは、確実にカモシカの定期巡回コースに入っている。

これからは遭遇率がアップできるかもしれない。

生態学的な写真ですので
抵抗感のない方は、
クリック拡大してご覧ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ニホンカモシカのため糞
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM
ニホンカモシカのため糞
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-






5月4日。

親カモシカの生息地から
さほど遠くない場所で
仔カモシカを見つけた。

親離れ子離れの季節を迎えたのか、
近くに他のカモシカの姿は見えない。

ニホンカモシカの若獣
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




角はまだ小さいが、
風貌はかなり親似だと思う。

これから美しいカモシカに
育っていくことだろう。

ニホンカモシカの若獣
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




人前で堂々と食事を始めるくそ度胸も
親譲りか。

イタドリの芽を食べるニホンカモシカの若獣
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



以前にあったときよりも
格段に落ち着いている。

イタドリの芽を食べるニホンカモシカの若獣(アップ)
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



イタドリの新芽を
美味しそうに食べていた。

イタドリの芽を食べるニホンカモシカの若獣
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



好奇と警戒の眼差しで
こちらをじっと見つめる。

ニホンカモシカの若獣の顔
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




ニホンカモシカの若獣の顔(アップ)
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



眼下腺を松の幹にこすりつけて
縄張りのアピールをしている。

まだ若いけれど
すでに小さな山の主なのだ。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




そうして、
若いカモシカは
足早に木立の中へ姿を消した。

別々の暮らしになったとはいえ
親子ともども
元気に生きていって欲しい。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-


緑濃い季節を迎えて、
もう彼らの姿は
容易には見つけることができなくなってしまった。

次はいつ会えるのだろうか。

ふたたび彼らと
森の中で視線を合わせるその瞬間を
楽しみにしている。


 

タグ「ニホンカモシカ」の関連記事

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。