稲泉寺の守り猫

長野県下高井郡木島平村穂高858 熊野山「稲泉寺」 地図

-




今年も
ハスの花の季節になりました。

ここは北信濃随一のハスの名所
「稲泉寺(とうせんじ)」。

桃色の大きな蕾が
まさに開かんとしています。

大賀ハスの蕾
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



・・・が、
ちょっとその前に。

稲泉寺の山門をくぐり
本堂へと続く石段の途中に
一対の石灯籠があります。

稲泉寺の参道
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-




その石灯籠に・・・・

石灯籠に居座るネコ
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



・・・なんかいます。

・・・で、こっち見てます。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-



参道を通る人間を
検分するような
その眼差し。

けっして怪しいものではございません。
ハスを撮りに来ただけでございます。

石灯籠のネコ
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



遠くの物音に
サッと身を起こし
この表情。

そうか君は
この寺の守り猫なのか。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



とはいえ、猫なので
やっぱり基本的に悠々自適です。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



ここを警備員室として常駐してる訳じゃなく、
やたら暑っつい夏の昼間には
ひんやりした石灯籠の中で
石に枕してのんびりするのが
至福というわけです。

ごきげんなネコ
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-




夏の風が
参道を吹き抜けていきます。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-



ピコピコと
ゆっくりリズムを刻むしっぽ。

なんともリラックスムード。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-



そこら辺に生えていた草を
目の前でヒラヒラさせたら
ちょっと誘いに乗ってくれました。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-




自慢じゃないですけど
私は筋金入りの「猫嫌われ」です。

「猫嫌い」じゃなくて「猫嫌われ」。

猫が私のことを
やたらめったら恐れます。

大抵の猫は
私が10メートル以内に近づいただけで
「やべぇ!」という顔をして
一目散に逃げていきます。

車に乗っていても、
窓越しに目が合っても
それは変わりません。

もしかすると私は
猫にだけ見える恐ろしい何かを
身にまとっているのかも。
(犬にはやたらと好かれるのに・・・)

でも、ごくごく稀に
私のことを受け入れてくれる
寛大で度胸のある(猫的には変わり者の)
猫に出会うことがあります。

この子は
そういう猫でした。

「もっと近くで撮ってもいい?」
と話しかけると
まんざらでもないご様子。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-




ややオッドアイ。
左右の虹彩の色が
少し違います。

稲泉寺の守り猫
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-




守り猫らしい
凛々しい表情。
カッコイイです。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-





ありがとう。

久々に猫に遊んでもらって
とても嬉しかったのです。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-

またハスを撮りに行ったら
相手しておくれ。



0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。