平田謙三 平田浩一 氷彫刻『龍』【4】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】

-


気温、氷点下3.2度。

夜半をとうに過ぎたが、
制作の手が休まることはない。


-

人の背丈をゆうに超える巨大な龍に
なぜそこまで、
というくらい微細な起伏が刻まれていく。

表面研磨(平田謙三・平田浩一・氷彫刻『龍』)

-

一枚一枚、丁寧に彫り込まれた鱗。
今にも、うねうねと動き出しそうな気配を漂わせる。

鱗が彫り上がった龍(平田謙三・平田浩一・氷彫刻『龍』)

-


龍がその身に、大きな球を抱えているのは
制作のかなり早い段階から見えていた。

龍が抱える、という先入観から、
私はてっきりそれが大きな宝珠だと思っていた。
大きな龍が抱える、透明な宝珠。
なかなか絵になるなあ、と予想していた。

ところが、である。
なんとその大きな球は、ノミが入れられ、
くり抜かれ、有機的な曲線が絡みあう、
かご状の球体に姿を変えたのだ。

浩一さんが手にしていた
設計図にも、この造形は描かれていなかった。

一体、この龍はどうなるというのか。

-

ずっと龍にかかりきりだった浩一さんが
龍を離れて、
そこにあった氷板を
工具でなぞり始めた。

-

流れるような曲線が穿たれていく。

-

氷板から切り離された曲線。
あの固い氷が、
これほどの柔らかい曲線を描くことになるとは。

-


-

曲線に炎を当て、
滑らかさと透明感を出す。

-



-

微妙に異なる氷曲線をもう一本。

-



-

一体何を作っているのか。

-

程なく謎が解けた。

そうか、
浩一さんは龍のヒゲを作っていたのか。

-

1本目接着。

髭の生えた龍頭部(平田謙三・平田浩一・氷彫刻『龍』)

-

2本目。
なんと、コールドスプレーを接着剤として使う。

コールドスプレーを使ったパーツ接着(平田謙三・平田浩一・氷彫刻『龍』)

-



制作開始から10時間あまり経過。

いよいよ、龍の完成形が見えてきた。

-


~ 【5】に続く ~

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】

 

 

「氷彫刻」の関連記事

2+