平田謙三 平田浩一 氷彫刻『龍』【6】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】

-

完成した『龍』を見つめる謙三さん。


-



作業台においてあったポカリスエット。

一夜のうちに
凍りついた。

-


完成の余韻に浸る間もなく
撤収作業に入る。

-


工具にお湯をかけながら
丁寧に洗う。

-




-


謙三さんの
道具を洗うその所作。

洗っているというよりは、
「湯浴み」させている。

まるで、
道具達の労をねぎらうかのように。

自分の手足となってくれた、
道具たちを慈しむかのように。

-


その所作は、
浩一さんも同じだった。

謙三さんの魂は
浩一さんにも
着実に受け継がれている。

-


無言のうちに行われる
その儀式を、
神聖な気持ちで
ファインダー越しに見守る。

この道具達への接し方。

氷彫に賭ける親子の核心に
少しだけ、近づけた気がした。

工具の片付け作業(平田謙三・平田浩一・氷彫刻『龍』)

-




-




-


華麗にライトアップされる氷彫達に
眼をくれることもなく、
淡々と片付けを続ける二人。

その背中は
仕事をやり遂げた
職人の矜持を
湛えているように見えた。

-

撤収作業も終わり、
ようやく一息つける時間。

本格的に朝が訪れた会場で、
『龍』をじっと見つめる浩一さん。

写真を撮るでもなく、
誰かと語らうでもなく、

ただ、その目に焼き付けているのか。

-


「それじゃあ、帰りまーす!」
早朝のの会場に、謙三さんの明るい声が響く。

二人の「氷の行者」が
どこにでもいそうな親子に戻る。

笑顔の素敵な
父と子に。

-

『龍』は、
この二人の魂を
その身に宿しているに違いない。



~ 【7】に続く ~

 

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】

 

 

「氷彫刻」の関連記事

2+