平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『飛翔 ~大空に羽たく鳳凰~』【4】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】

.

午後11時。

ようやく、気温が氷点下に達する。

「10年に一度の大寒波襲来」の予報に
日本中が身構えていたこの夜、
あまりにも緩やか過ぎる気温の低下だった。

ともかく、
やっと氷が氷として形を保てる温度となったことに
ひとまず安堵する。

.




観客もまばらになった。

.




頭部のパーツのすぐ下に、
別の頭が取り付けられる。

生きものが互いに向き合うデザインのようだ。

.





氷彫刻の作り方は製作者によって異なる。

大きな氷塊を組み上げてから全体的に彫っていく方法、
大まかなパーツを別々に作って、最後に組み立てる方法など、様々だ。

平田彫刻の場合、製作の早い段階で
頭部などの主要なパーツを細部まで彫り上げる。
そして、その頭部を大きな氷塊の上に配置して、
そこから線を延長するように全体の形を彫っていく。

それはあたかも、一粒の種が芽吹き、根を這わせていくような、
受精卵の胚が、徐々に生物として造形されていくような、
不思議な光景なのだ。

.



頭部を起点として、
筋彫りを氷全体に延長していく。

.



うねるような曲線が
幾重にも描かれる。

.



筋彫りの溝に沿って
チェーンソーの刃を入れていく。

.



ノミで彫り込む。

.



場所によっては
貫通させるところもある。

.



設計図上では二次元だが
曲線と曲線に挟まれた面は
それぞれに高さが異なっている。

彫り間違えてしまえば
修正は効かない。

神経を使う作業だ

.




作品全体の形が
姿を現し始めた。

.




午前0時。

製作開始から
5時間30分経過。

気温は氷点下1度をわずかに下回っている。

.




平田さんが尾羽根を彫り込んでいた時、
加瀬さんは尾羽根の末端部分の接着に取り組んでいた。

細い末端部分は大きな塊から彫り出すよりも、
別のパーツとして作って、後から取り付けたほうが
無駄になる氷も少なく、削る時間も短縮できるのだ。

加瀬さんは残氷のひとつに
チェーンソーの刃を幾重にも入れている。
これは、氷の造形が目的なのではない。
このチェーンソーの下から吹き出される削り屑こそが重要なのだ。

.




容器に集めた削り屑に水を加えると
「氷のパテ」が出来上がる。

接着された2個の氷の境界線には
表面近くに僅かな隙間が残っている。

隙間を放置すれば、そこから空気が入って透明感が損なわれたり、
最悪の場合、接着した氷が剥がれ落ちてしまうおそれもある。
その隙間を埋め、接着の強度を高めるのが「氷のパテ」なのだ。

氷のパテを施した様子。
元々氷なだけあって、目立たないのも大きな利点だ。

.




設計図を確認し、
平田さんと打ち合わせをしながら
作業は進められる。

.




アルミ板による接着面処理。

.




下向きのパーツは
重みで脱落してしまうこともあるので
完全に氷結し、固定されるまで気が抜けない。

.



長さのあるパーツも
接着が難しい。

.



氷のパテで念入りに隙間を埋める。

.



そのままの姿勢で
何分間も支え続ける。
だが、なかなか固まらない。
気温が高いのだ。

.





最終手段として
コールドスプレーを使うことで
ようやく接着される。

.




時計は間もなく
午前1時を回ろうとしている。

.


~ 【5】に続く ~

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】


 

「氷彫刻」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。