平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『飛翔 ~大空に羽たく鳳凰~』【8】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】

.

午前4時30分。

吹雪。

.



作業はラストスパートに入り、
気力も体力も限界に近づく。

そこに追い打ちをかけるような吹雪。

今回ばかりは
大きな天候の崩れがないまま
朝を迎えられるとばかり思っていた。

しかし、その期待はもろくも打ち砕かれる。

松本氷彫フェスにはおそらく、
天気の魔物が棲んでいる。

.



吹雪の中、作業が続く。

.




松本城も
激しい雪に霞む。

.



雪はあっという間に辺りを白く染める。
帽子の上にも、服の上にも
降り積もる。

.



生まれたばかりの鳳凰。
降りしきる雪のせいで
舞い上がっていくように見える。

.



猛吹雪。

.




加瀬さんは
彫刻裏側の表面処理にあたっている。

氷は透明な素材なので、
裏面が荒れていると
光がうまく透過せず、
表面の彫刻の良さが引き出せないからだ。

.




.



平田さんは尾羽根の彫刻に入る。
この空中に乱れ舞う尾羽根の全てに
細かな筋を入れていく。

.




午前5時。

製作終了まで残り1時間30分。

.



気温は氷点下4度。
吹きつける雪と風で
体感温度は恐ろしく低く感じる。

.




午前5時14分。

尾羽根の彫刻が完了する。

.





土台への飾り彫り。

チェーンソーで、斜めの平行線を幾筋も入れていく。

定規も当てず、下書きもせず、
チェーンソーのフリーハンドで
正確な直線がバランスよく刻まれていく。

12時間彫り続けて、
最後にこの集中力である。

恐れ入る。

.




ブロワーで削り屑を吹き飛ばし
細部の彫りをチェックする。

.




細い氷鋸を使って、
羽根の隙間の削り屑を落とし、
さらに一枚一枚のエッジを立たせる。

.





午前5時40分。
会場には徐々に観客が戻ってきている。

雪は止んだが、
辺りは一面の雪景色だ。

.



総仕上げに入る。

平田彫刻を最終的に平田彫刻たらしめるのは
この総仕上げだと言ってもいい。

平田彫刻は「削って終わり」ではない。

彫りの工程が終わった後、
平田さんが全体をチェックし、
彫り足りないところ、バランスの悪いところを
修正していくのだ。

.



修正は細部にわたる。

.




午前6時。
隣のチームの作品がピンク色の照明で照らされる。
カラースポットでの照明は、作品が完成した証だ。

平田加瀬チームの作品は
まだ色がついていない。

.



残り時間30分がアナウンスされる。
だが、徹底的に直す。
そこに妥協はない。

.




おそらく、平田さんは時間ギリギリまで
作品の総仕上げにかかりきりになるだろう。
そこで、加瀬さんはすかさず作品の周囲の整備に入る。
見事なチームワークだ。

.



午前6時12分。

ついに、最終工程である「表面処理」に入る。

.




作品はすでに、造形として完成してはいるが、
氷の表面には無数の工具による切削痕があり、
半透明の「すりガラス」状になっている。

そこに炎を当て、表面のみを瞬間的に解かすことによって
細かな傷が消え、透明度の高い氷となるのだ。

.



午前6時16分。

作業の途中で、
会場の照明スタッフから
カラースポットを当ててもいいか、という声が飛ぶ。

すでに夜明けが近い。
カラー照明できる時間は限られている。

平田さんが「OKOK!」とハンドサインを送る。
作品に、オレンジ色の光が当てられる。

.




午前6時18分。
あともう少し。

.



午前6時22分。
製作終了まで8分を残し、
作品が完成。

.





この日の日の出は午前5時55分。
東の空はすでに白み
雲の端は暁色に染まり始めている。

.

~ 【9】につづく ~

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】


 

「氷彫刻」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。