平田浩一 肥田野雄紀 氷彫刻『イルカ』【5】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】

.

2時53分。

3頭目のイルカを分割。

.



形になったばかりの彫刻が
即座にバラバラにされるのを見ると
最初は誰しも驚く。

.




.



分割したイルカを
ビール箱を踏み台にして
本体の上へ。

.



1段目。

.



2段目。

.



3段目。

.



さらに脚立を使って
最上段を組み上げ。

.



3時03分、
3頭目のイルカの組み上げ完了。

.
ついに、氷像の全貌が現れる。




3時06分、
続いて本体の上へ筋彫り。

.




.


3頭目のイルカの尾ビレが描かれている。

.



平田さんは3頭目の尾ビレの彫り出し、
肥田野さんは本体辺縁部の彫刻に従事。

.



当初、三日月型の部品だけに施されていた細かな彫刻は、
いまやイルカ以外の大部分を覆い尽くそうとしている。

.



この混み入った曲線の彫刻は
イルカが巻き起こした「波」なのだと分かってくる。

.




.



3時39分、
3頭目の尾ビレがはっきりしてくる。

.



3時43分、
不要になった氷屑を搬出する肥田野さん。

制作時間中に何度か実施される「残氷回収」への対応だ。

.



3時54分。

.



4時02分。

残り2時間を切った。

.



平田さんもイルカの彫刻から
本体の装飾へと移行。

.




.




.



細かい箇所の修正にも
チェーンソーを使ったりすることもある。

.




.



チェーンソーで何度も切れ込みを入れていく。

.



現れたのは
幾筋もの波間。

.



4時23分。
どのチームも作業は終盤を迎えている。

.



三日月型の波の部品にも
波間の筋を入れていく。

始点から終点まで、
一息に一定の速度でドリルを動かさないと
たちまちいびつな線になってしまう。

簡単に見えて、
高度な手さばきが要求される場面。

しかし、平田さんの刻んでいく曲線は
全く乱れない。

.



4時33分。

.



4時36分。

.



4時49分。

平田さんは小型の引き回し鋸を使って
イルカの表面を擦っていく。

.



ノコギリの刃で擦られた氷の表面は
細かい傷が幾重にも重なり合って
まるでラリックのガラスのような
乳白色の輝きを宿す。

.



4時56分。

まもなく残り1時間を切る。

.


氷像は最終仕上げに入る。

 

【6】へ続く



【1】【2】【3】【4】【5】【6】

「氷彫刻」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。