平田謙三 平田浩一 氷彫刻『2015年 飛翔』【3】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】

.

午後7時過ぎ。

他の作業と並行して

本体の氷塊の加工が始まる。



まず、氷塊の側面を大ノミで整える。

.



そこにぬるま湯で温めたアルミ板を押し当てる。

アルミ板に触れた氷はたちどころに解け、
アルミ板と同様の平滑な表面となる。

.



そこに、同じく断面を平滑にした小さな氷塊を押し当てる。

氷塊の凹凸のない断面同士は互いに密着し、
それ自身に蓄えられた冷気によって凍りつき、
ひとつの氷塊へと融合する。

.




大きな氷塊に接着した突起部分に
筋彫りを施す。

もちろん、図面なしのフリーハンドだ。

.



チェーンソーでの切削。

大胆な手さばきで
氷がみるみる削ぎ落とされていく。

.



手の動きが止まることは全くない。

矩形だった氷が多面体へ、そして曲面立体へと姿をかえる。

.



今度は、突起部分の曲面を延長するように
本体の氷塊を削っていく。

.



ノミの刃が氷の表面をひと撫ですると
金属のようなギラギラとした光沢の断面が現れる。

浩一さん自らの手によって
全ての刃物は丹念に研ぎこまれている。

.




.



やがて、大きな氷塊から突き出す
鉤状の形が見えてきた。

.




.




.



さらに、突起部分の曲面を延長していく。

.




作品の原型が見えてきた。

間違いなく、何かの頭部だ。

.




午後8時17分。

浩一さんの頭の中のイメージから姿を現した造形。

平面図を立体に展開するだけでも容易なことではないはずなのに、

一体どういうことなのか。

ちなみに、この時点で

他のチームはまだ本格的な切削作業に入っていない。

驚異的な作業のスピードにも愕然とする。

.



作業の手は止まらない。

頭部の下に接合された氷に筋彫りを施す。

.



線にそってチェーンソーで荒削りする。

.



さらに、ノミで形を整える。

.



この形は・・・

.




午後8時20分。

気温摂氏0.3度

再び雪が激しくなってきた。

.



数十メートル先も霞んで見えなくなるような降り。

辺りが瞬く間に白くなっていく。

.



大雪でも手を止めることはできない。

上着のフードを被って、作業が続けられる。

.



午後8時45分。

平田親子が何をつくろうとしているのか、
誰の目にもわかるようになってきた。

相手を見据える表情と鋭い爪先。

間違いなく、
大きな氷のワシだ。

.



それぞれの作業を黙々と続ける親子。

.



浩一さんが茶封筒の裏に急いで描いた設計図。

すでに役割を終え、
その上には雪が積もり始めている。

.
結局この後、この茶封筒が
浩一さんの手に取られることはなかった。



【4】に続く 

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】

 

「氷彫刻」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。