平田謙三 平田浩一 氷彫刻『2015年 飛翔』【6】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】

.

三日月型の部品にノコギリが入れられる。


.



一体のものとして制作した部品を、
一旦小さな部品に解体して、それを本体の上で再び組み上げる。

普通、大きな部品の運搬は、二人以上で慎重に行われる。
しかし、いつも人足が確保できるとは限らないし、
狭い制作現場を多人数で動き回ることの危険性も高まる。

そんな時、この「分解→再構築」の技を使えば、
他のリスクを回避した上に、単独で大きな部品を移動することができるのだ。

薄く、かつ繊細な部品を壊さずに、確実に組み上げる
平田彫刻の伝統芸である。

.




三日月型のパーツは
大ワシの傍らに配置された。

.



その配置された部品の曲線を
本体上に延長していく。

.




.




.




.



大ワシの左脚の制作。

.



脚の羽根が生えていない部分はウロコ状に彫られる。
この「ウロコ彫刻」も浩一さんの得意技だ。

.



左脚を制作する浩一さんの傍らで
謙三さんが、残った氷を本体の側面に積み上げていく。

.



それを浩一さんが小さな三日月型に彫り上げる。

.



もう一つの三日月形部品は
分解せずに、謙三さんと二人がかりで本体の上に運ぶ。

一つのやり方には固執せず、臨機応変で最適な方法が選択される。

.




本体右側に配置された三日月形の部品からも、
本体上に曲線が延長されていく。

.




.




いくつも配置された三日月形のパーツは
大ワシの翼が巻き起こす波だった。

.



少しでも材料を確保するため、
本体の基部は中空構造になっている。

.



観客からは直接見えない
背中の部分にもノミを入れて
全体のバランスを調整する。

.



ディスクグラインダーで
波の表面を滑らかに整える。

いよいよ仕上げ段階に入った。

.



午前3時45分。

天候晴れ。

気温マイナス3.1度。

切削作業終了。

.




表面の凹凸の中に入り込んだ
細氷粉をブロワーで除去する。

.



白く霞みがかっていた氷が
水晶のような冷たく透明な輝きを宿す。

.



遠くから見るとわかりづらいが、
波は3層構造に作りこまれている。

この薄い部品の中にも
さらに奥行きが与えられているのだ。

.




今にも獲物を一掴みにしそうな
猛々しい爪先。

.



氷から生まれたばかりの大ワシが見据えているのは
いかなる獲物なのか。

.

【7】へ続く

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】

 

「氷彫刻」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。