平田謙三 平田浩一 氷彫刻『遊泳』【7】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】 

.

夜半の雨に
どのチームも苦戦している。

雨は表面に施した細工の角を丸め、
着実に氷を侵食していく。

対処を誤れば、
製作終了を待たずに崩壊の可能性さえある。

作ること以上に
造形を維持していくことを念頭に置く必要が出てきた。

.



氷彫にブルーシートが掛けられる。

.



昨年も、そのまた前の年も
平田さんはこのブルーシートを持参していた。
遠征するにはかなり大きな荷物なので不思議に思っていたが、
こういう時のための装備だったのだ。

他のチームも雨に対する防護策を講じてはいるが、
ここまで本格的で大規模な対策を行っているのは
平田親子だけである。

.



雨が止むのを待っている余裕はない。

.




必要な部分のブルーシートをめくり上げて、
彫刻を再開する。

.




.




.




.




.




.



雨は氷だけでなく

気力も体力も侵食していく。

終始、浩一さんは苦悶の表情を浮かべている。

.

【8】に続く

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】 

 

「氷彫刻」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。