平田謙三 平田浩一 氷彫刻『遊泳』【9】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】

.

渾身。

.





謙三さんが序盤に彫り上げた
卵型の立体。

.



頭とヒレが接合され
大きな海亀になった。

.




ブルーシートが取り払われる。

ついに
氷彫の全体像が見えた。

.



しかし
またもやの雨。

.



氷彫の完成を阻むかのように
強さを増しながら降ってくる。

.



最も脆い部分にも
ウロコ彫りが施される。

もう、後戻りはできない。

.




懸命の仕上げ作業。

音を立てて降る

.




.




.




謙三さんが彫った大きな海亀の上に
大切に保管してあった。小さな海亀が載せられる。

親子亀。

気温が高く氷が脆いこの状況で
繊細に加工された海亀を、
さらに立体的に重ねあわせる。
氷彫刻の常識では考えられない技巧だ。

.




子ガメの背中に
最後の仕上げが施される。

.




雨が上がった。

.




気温、
摂氏7度。

.



1月26日、
午前5時30分。

氷彫
『遊泳』

完成。

12時間の戦いが終わる。

.



息つく暇もなく
後片付けに入る。

.




いつもなら凍りついているはずの工具も
雨の名残に濡れている。

.




.

この夜が長かったのか短かったのか
それすらもよく分からないほど
疲労が全身にまとわりついている。

戦いを終えた親子に
言葉はない。



【10】に続く

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】

 

「氷彫刻」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。