平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『Crystal Fairy』【4】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【追記】

-

制作開始から3時間が経過。

-




気温は約マイナス1度。

一応は氷点下だが
順調に下がっていくということもない。

夜になっても
肌に感じるくらいの風が
吹いているせいなのだろう。

地表に溜まるはずの冷気が
風に流されてしまうのだ。

-



他のチームも
作品の大きさが予想できるくらいにまで
作業が進んでいる。

-



21:00。

平田さんは、
スライスした氷板の加工に入る。

-



加瀬さんも、
別のパーツを彫り始めている。

-



平ノミで余分な氷を削ぎ落とす。

-



グラインダーで
平らだった面に
高低のグラデーションをつけていく。

-




挽き廻しノコでこすって
表面やエッジを整える。

氷彫刻においてノコギリは
氷を切るだけではなく
表面処理の重要なツールでもある。

-



仕上がりを確認する。

-




次に、
表面加工用の特殊なビットを取り付けたドリルで
氷に無数の球体を刻みつけていく。

-



ドリルで行うとはいえ、
気の遠くなるような作業だ。

-




21:43。
1枚めの氷板への加工が完了。

-



加瀬さんは
氷板の加工を進めながら
氷の切り出しや
平田さんの作業の下準備を
黙々と続けている。

-



図面を確認しながら
氷のサイズを入念にチェックする。

-




集中して自分の作業を進めつつも、
時折、平田さんの作業に
さっと注意を向けているのが分かる。

実際に話してみて感じたことだが、
加瀬さんは実に「気配りの人」である。

氷彫制作の作業中でもそれは発揮され、
タッグの以心伝心を支えている。

-




制作開始から4時間が経過。
氷屑を収集する軽トラが動き出した。

-


― 【5】に続く ―

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【追記】

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。