加瀬秀雄 赤羽目健悟 氷彫刻『さあ出発!!海の中の新しい仲間と共に』【6】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】

-




21時21分。

加瀬さんがノコギリを手にする。

-



彫り上げたウミガメにノコギリの刃を入れる。

-





分割。
平田流氷彫刻ではおなじみの
「分割組み上げ」工程の始まりだ。

-




最初に組み上げた氷柱の筋目に沿って
再分割していく。

-



所要時間たったの3分。
瞬く間に分割作業が完了。

-少し前に「あーウミガメだ―」と、
歓声を上げていた二人組の観客が
会場の奥まで行ってまた戻ってきた。
加瀬赤羽目ブースの前にくるなり
「あれ、カメいなくなっちゃった!」
と驚きの声。

ファインダーを覗きながら、思わずニヤリとする。
自分の手柄ではないが、ちょっと嬉しい。
そうなのだ、形が現れたり消えたりする神出鬼没ぶり。
これが平田流なのだ。




21時26分。

分割した1段目の組み上げ。

-



2段め組み上げ。

ここで頼もしい助っ人が登場。
助けたり、助けられたり、
お互い様の精神である。

-



3段目の組み上げを前に、
赤羽目さんがビール箱の足場をセット。
これを踏み台にして、
氷塊をさらに高い場所へ持ち上げる。

-



ビール箱は安定しているようでいて
実際はかなりぐらつく。
手に重いものを持ちながら、
箱の上にしっかり立つには
かなりのバランス感覚が必要だ。

なんとか3段目を組み上げ。

-




そして、4段目。
常にグラグラ揺れ動くビール箱。
二人とも、
不安定なビール箱と滑りやすい氷の上に
片足ずつ乗っけて作業している。
見ていてハラハラが止まらない。

-



位置を微調整。

-



接合面に接着剤として水を注入。

-



21時39分。

ウミガメの組み上げが完了。
分割からわずか18分の早業だった。

-



間もなく22時。

気温は摂氏0.4度。
あともう一歩のところで氷点下にならない。

どのチームも彫刻作業を急ピッチで進めている。

-





22時。

最初の残氷回収が入る。

-




会場運営スタッフが
各チームの作業で出た残氷を
軽トラックで回収していく。

-製作陣が徹夜で氷彫刻を彫り上げられるよう、
スタッフも徹夜でサポートする。
あの美麗な作品の数々も
スタッフの働きに支えられてこそ成り立っているのだ。


加瀬さんは組み上げたウミガメの
土台部分の加工へ。

-



赤羽目さんは
人間型氷塊の彫刻を続行する。

-




-




22時30分。

作業開始から5時間が経過。

-



土台部分への飾り彫り。

-



小円と曲線がびっしりと彫り込まれた。

-



赤羽目さん加工中の氷塊。
アクアラングを着けたダイバーの顔だ。

赤羽目さんは生物的な曲線を出すのも上手いが、
こういう工業製品的な
エッジの効いた曲線を出すのも巧みだ。

-



22時48分。

赤羽目さんがダイバーの彫刻を完了。
二人で出来栄えを確認。

-


いよいよ、作業は折り返し地点に到達する。



【7】に続く

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。