冬を生きるニホンザル

長野県大町市 平

-

厳しい冬が
やってきた。



厳しい冬
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



彼らは
懸命に

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



生きている。

冬を生きるニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



命を繋いでいくため
彼らは手を伸ばす。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



そして、

食べる。

小枝の皮をこそげて食べるニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



時折、強い風が吹き
凍てつく雪を叩きつける。

小枝の皮をこそげて食べるニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



冬の山に
食べられるものは少ない。

柔らかそうな蔓でさえ
芯は固くて歯が立たない。
薄い表皮だけを
こそげて食べる。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



食べたとて
得られる栄養はごくわずか。

木のツルを食べるニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



だから、
食べ続けねばならない。

蔦を食べるニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



食べねば
いとも簡単に
命が失われる世界だ。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




食べられそうなものは
なんでも口に入れる。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



冷たい雪を掘り起こして
笹の葉を探す。

かつては一面に生い茂っていた笹。
見向きもしなかった。

雪の中から笹の葉を探すニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



けれど、
いまやその笹にすら
命を託すほかない。

笹の葉を食べるニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



雪は降り積もる。

山の中にも、
自分の上にも。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



雪をしのげる
屋根はない。

雪が積もったニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



ときには体を寄せ合って
ひたすら寒さに耐える。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



体を小さく丸めて
ひたすら耐える。

雪の中のニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




ひたすら耐えながら
春を待つ。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



子を持つ母にも

冬は来る。

厳冬のニホンザルの親子
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



自分の命を繋ぎながら
まだ幼い命を
守らねばならない。

子供を抱きかかえるニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




寒さに震える我が子を
なだめるように、

ニホンザルの親子
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



胸に
抱き寄せる。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



親元を離れた子ザルは
もう母のぬくもりを
頼ることはできない。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




まだ小さな彼らにも
冬は平等に
訪れる。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



だから、
慣れぬ手つきで
食べ物を探す。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



初めて味わう
得体の知れない寒さに震えながら

雪の中を走る子供のニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



懸命に
生きていくしかない。

雪の中を走る子供のニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



全身を覆う冬毛は
唯一の頼みの綱だ。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




保温のため
毛を逆立てて
全身を厚手のコートに仕上げる。

できることと言ったら
そのくらいだ。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




いつまでも枝の上にはいられない。

時には
雪中行軍を余儀なくされる。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




雪の冷たさが
手のひらに刺さる。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-



でも、
進んでいくしかない。

雪をかき分けて進むニホンザル
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-




生きていくしかない。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

-

山の春は

まだずっと遠くにある。



1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。