信濃国松川響岳太鼓ライブ【後編】 ― 大町温泉郷夢花火と音の祭典2019

【前編】

.

ライブ終盤はこれまでの雰囲気からは一転、
お祭り気分いっぱいの『狂楽太鼓』。

EOS5D Mark IV + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1



曲を特徴付けるフィンガーシンバルと
4つの桶胴太鼓がリード。

EOS5D Mark IV + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1

.

会場では花火が上がり始める。

EOS5D Mark IV + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1

.



曲名のとおり、
奏者も観客も笑顔になること請け合い。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

曲は華々しく幕を閉じる。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



万雷の拍手に応えて、
アンコール曲。

桶胴太鼓のソロから曲は始まる。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



手拍子で盛り上げる。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.


EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

桶胴太鼓が次々と登場。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.




EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.




EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



なんとも楽しげ。

EOS5D Mark IV + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1

.



なんとも賑やか。

EOS5D Mark IV + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1

.

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.


EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



スターマインも打ち上がって
大盛況のうちにライブは終了。

EOS5D Mark IV + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1

.

打ち終えたメンバーも皆
いい顔をしている。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

カーテンコール。

EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

.



いつの間にか、会場は観客で埋め尽くされている。

町外れのステージ、午後8時開演にもかかわらず
この動員力。

響岳太鼓のファンがいかに多いのかが分かる。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



拍手喝采。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.

今年も
素晴らしいライブをありがとうございました。



撮影後記

 松川響岳太鼓の、坂道を駆け上がるようなリズムを一度でも経験してしまうと、今まで普通に好きだった陣太鼓調のリズムが物足りなく感じるようになってしまうのが不思議です。
 彼らの演奏は誰の心も一発で虜にしてしまうらしく、このライブの動員も年々増すばかりですが、まだまだ知名度が足りないように思います。
 響岳太鼓は素晴らしい曲を持っているし、奏者のレベルもずば抜けて高いです。
 極端な言い方をすれば、この長野の奥地に閉じ込めておくのは至極勿体ないことなのです。
 彼らはもっと日本中に知られるべきだし、もっと多くの人々が彼らの演奏に酔いしれて欲しいと思います。
 だから甚だ勝手連的ではありますが、彼らのプロモーションの一助となれば、という思いでこの記事を書いています。
 しかし悲しいかな、写真と音楽ライブというのは親和性に乏しく、写真屋がいくら頑張っても雰囲気を伝えるのが精一杯で、肝心の「音」はどうやっても写真には写りません。
 写真屋として「こんな素敵な写真が撮れました!」と悦に入ることはできても、彼らのプロモーションとしては甚だ不十分です。
 だから、ここは潔く写真の限界を認めて、彼らが演奏する動画を紹介することにします。
 自前の動画が2本、他の有志の皆さんによるものを2本掲載させていただきました。彼らの曲と演奏の凄さをご覧頂けたら幸いです。
 また、ネット上には響岳太鼓に関する動画が他にもいくつかアップされているので、そちらもご覧ください。
 ただ、動画であっても限界はあって、あの腹の底に響く重低音や、会場が一体となる臨場感までは伝わりません。
 だから、結論として言いたいのは、
「一度でいいから生で観に来て!」
ということなのです。
 松川響岳太鼓のさらなるメジャー化を祈っています。


 

動画『化身』(2018年 第2回浅草太鼓祭 撮影:Hibiki Izunoさん )

 

動画『月の下で』(2017年 大町温泉郷夢花火と音の祭典)

 

動画『迅雷の響き』(2017年 大町温泉郷夢花火と音の祭典)

 

動画『狂楽太鼓』(2019年 大町温泉郷夢花火と音の祭典 撮影:F Fusaeさん)

F FusaeさんのYoutubeチャンネルにこの曲のほか「化身」「源流あばれ打ち」「月の下で」「迅雷の響き」「祝祭」の動画(いずれも大町温泉郷夢花火と音の祭典2019)が掲載中です。こちらもぜひ。

 

 

タグ「 松川響岳太鼓」の関連記事

 

タグ「その他の祭・イベント」の関連記事

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。