雉(キジ)に会った

長野県北安曇郡池田町

-


田んぼの畦に

キジを見つけました。

田んぼのあぜのキジ
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



オスのキジ。

ド派手なカラーリングは
緑一色の田んぼでは
遠くからでも
かなり目立ちます。

キジのオス
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




田んぼの真ん中で何やってるのかな、と思ったら、
動き始めました。

田んぼのあぜを歩くキジ
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



キジは一応、翼があるのだけれど
緊急事態にでもならない限り
あまり飛ぶということをしません。

基本的に
移動手段は「徒歩」という
変な鳥です。

桃太郎に同行した時も
多分、ずっと一緒に歩いたはずです。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



田んぼの畦を
トボトボ歩いて行く後ろ姿は
なんとなく哀愁漂います。

キジの後ろ姿
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



で、
彼は歩きまわって何をしているかというと
「縄張りのパトロール」
です。

縄張りのパトロールをするキジ
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



たまに立ち止まって
あたりを見回して
異常の有無を確かめます。

時折、遠くから
他のキジの鳴き声が聞こえたりすると
「何奴!?」
という顔をして
身を強張らせます。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



他のオスの
声高なテリトリーの主張を
看過してはいられません。

俺だってやってやるぞ、
という顔になります。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



まずは
背筋をピンと伸ばして
歌唱のポーズ。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




たっぷり息を吸い込んで
思い切り絶叫。

エ゛ーーッ、エ゛ーーーーッ!!

キジの鳴き声は昔から「ケーン」とか言われてますが
そんな清涼感のある声じゃなく、
エに濁点というのが一番近いような・・・。

もっと、なんかこう、
えげつない声です。

鳴き声を上げるキジ
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-




鳴き声に続いて
翼をバサバサさせて音を立てる
「ほろ打ち」
というドラミング。

キジのほろ打ち
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



ひと仕事完了。

「ふぅ、疲れるぜ」
といった顔。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



高台に立って
遠くを見渡す彼。

我が縄張りに異常なし。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



何と言っても
日本の国鳥ですから
今後も是非
格好良く
頑張ってもらいたいものです。

遠くを眺めるキジ
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-



あ、いやどうも照れるなー
という感じで頭を掻く彼。

頭を掻くキジ
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

-

今年は猛暑なので
身体に気をつけて
縄張りを守って下さいませ。





1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。