エビ春巻き等の宴・ライティング機材更新 ― メシを撮ること13 ―

自宅にて

-


ライティング機材を一新したので
メシを撮るのだ。



「エビの生春巻き」

エビの生春巻き
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-




エビの生春巻き
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-




色とりどりのミニトマト
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-
最近は色とりどりのミニトマトが売られてます。
色によってそれぞれ味が違いまして、
オレンジ色が特に美味しい。
緑色も未熟なんじゃなくて、ちゃんと味がします。





「玉こんにゃく」

玉こんにゃく
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

醤油味。
安心の酒のあて。




「オカヒジキのおひたし」

オカヒジキのおひたし
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

この歯にキシキシくる感じがたまらない。
いろいろ試してみたけれど
サッと湯通しして、
大根おろしとチリ酢をかけて食べるのがイケます。





「岩下の新生姜の豚肉巻き」

岩下の新生姜の豚肉巻き
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

TVでやっていて、
ぜひとも自分で作ってみたいなと思って作りました。
まあ、美味しいんだけども
なんというか・・・想像を超えない味。
最後にちょっと甘味を絡めたりすれば
逸品に化ける可能性あり、要改良。






「いしるきゅうり」

いしるきゅうり
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

金沢旅行で虜になって、
我が家のレギュラー入りを果たしたメニュー。
お土産でかってきた1本めのいしるが終わったので
Amazonでお取り寄せしたら
原材料が100%イカのものではなく
麹の入ったものを間違って買ってしまいました。
同じ「いしる」でも全く別の味わい(私は嫌い)で、
泣く泣くもう1本買い直し、レギュラー続投です。






「手羽元のフライパン焼きヤキトリだれ風」

手羽元のフライパン焼きヤキトリだれ風
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

閉店間際に買い物に行ったら
ちょっと高い銘柄鶏が
半額以下で売られているのを発見!
フライパンで焼いて醤油と味醂を絡めて焼き鳥風に。
銘柄鶏はやっぱ美味いです。






「グリーンサラダ」

グリーンサラダ
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

上に乗っているルッコラの葉っぱは
我が家のマイクロ家庭菜園で獲れたもの。
モンシロチョウの幼虫(青虫)との熱い戦いの果てに
収穫に漕ぎ着けました。
ちょうちょちょうちょ、菜の葉に止まるな~
そこで産卵するな。




「肉じゃが」

肉じゃが
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-



「春菊のわさび和え」

春菊のわさび和え
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-



「車麩の唐揚げ」

車麩の唐揚げ
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

車麩に鶏がらスープを吸わせて味付けして
絞って粉つけて揚げると
「うわっ!」という旨さの
唐揚げになります。
お麩とは思えない味わい、ぜひお試しあれ。





「冷やしキュウリ」

冷やしキュウリ
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

これも我が家の矮小家庭菜園で収穫したもの。
新鮮なキュウリはこうやって氷水で締めて
塩を振ってバリバリ食べるのが
最も贅沢かつ美味しい食べ方なんじゃないかと
心底思います。





「ブラウンマッシュルームのバター炒め」

ブラウンマッシュルームのバター炒め
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-




「レモン果汁特盛り強酸レモンサワー」

レモン果汁特盛り強酸レモンサワー
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

酒は重要。





「竹鶴ロック」

竹鶴ロック
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

酒は重要。






「冷やし中華」

冷やし中華
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

冷やし中華の
麺の上を覆い隠さんばかりの具、
あれ、要りますかね?

冷やし中華については
「麺とタレが主役。具はでしゃばるんじゃねぇ」
と私は思います。

タレと麺は妥協せず、
具はあくまでも脇役に徹すべき、
という思想のもとに作ってみました。



冷やし中華
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

タレは鶏がらスープを基調とした醤油味で
酸味は米酢と柚子果汁を合わせました。
超爽やかです。



冷やし中華
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-
飲んだ後の、
シンプルな〆の一皿です。




ごちそうさまでした。





これまで使っていた
定常光のソフトボックスから変な音がするので
開けてみたら、
こんなことになってました。

中華製粗悪定常光ソフトボックス
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

いつの間にか電球のソケット部分のツメが劣化して
ボロボロになってました。
もう、使い物になりません。

さすがは中華製。
「安かろう悪かろう」を地で行くその姿勢には感服します。
「素材が悪い」とか「詰めが甘い」とか
そういうレベルの話じゃなく、
かの国では「良いものを作ろう」という気概なんて
これっぽっちも存在していないことがよくわかります。

かつては世界の美術史に残るような鋭い芸術作品を連発していたのに
この凋落ぶりには呆れるばかり。
(分かってはいたんだけど)

今後、中華製には決して手を出さないことを
固く心に誓いました。


で、いい機会だったので
ライティング機材を入れ替えました。

CactusCB-60W
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-
ソフトボックスはCactusのCB-60W、
ニッシンのストロボ2台で
ワイヤレス多灯にしています。

CactusCB-60W
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE + ストロボ + ソフトボックス

-

さすがはストロボ。
蛍光管の定常光ライティングに比べると
色再現が格段に良好です。

まだちゃんと使いこなせてませんが
いろいろ試してみようと思っています。


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。