メシを撮ること2019年12月

自宅にて 12月分のメシ撮り累積

.

このごろ、燻製がマイブーム。

自分でスモークしたものを経験すると
もう既製品には戻れない。



ベーコン

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



燻製盛り合わせ、その1
(ベーコン、ソーセージ、さけるチーズ)

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
ベーコンは最初から、
ソーセージは燻製していないものを購入し、自前でスモーク。





燻製盛り合わせ、その2
(ベーコン、即席いぶりがっこ、味卵、チーズ)

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

卵は茹でて調味液に漬けてから。
即席いぶりがっこは、貰ってきた沢庵漬をスモーク。



ベーコン。
まずはやはり、そのままカリッと焼いて。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

形は似ているけど、
売っているベーコンは別の食べ物なのだと実感する。
それくらい美味しい。

.



スピンオフメニュー1
野菜スープ。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

自家製ベーコンは最強のダシとしても使える。

.



スピンオフ2
ベーコンのペペロンチーノ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.

シンプルに美味い。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



スピンオフ3
トマトパスタ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.





家計の味方、豚こま切れ肉の部1
豚こま肉のカレー

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



その2
豚こまときのこの塩炒め

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



豚こまじゃないけど、
カレー用の筋っぽい肉。

豚肉とゴボウの赤味噌煮

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.

赤味噌は他の味噌と違って
煮込むことで真価を発揮する。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



手羽中と大根の炊いたん

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



エビの部。

エビチリ。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



エビと白菜のグラタン

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



和食の部。

妻の実家から貰った
自家製こんにゃくの刺身

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

薬味はわさびと生姜。
だし醤油をかけて。




れんこんと白菜のサラダ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



麺の部。

酸辣湯麺

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

豚骨と鶏白湯スープ以外のラーメンなら
自宅で作ったほうが融通が利くし安いので良い。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



汁なし担々麺

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

期待して行ったラーメン屋がさほどでもなく、
後で調べたら「汁なし担々麺」を食べるべき、と皆言っていた。
ハズレ外食の煮えきらなさを補填するため、
自前でリベンジ。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

美味しかった。

.



余った担々麺のタレがもったいなので
スピンオフで活用。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



ちょっと酢を入れれば棒々鶏のタレに。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
余ったトッピングのひき肉は
中華風そぼろ大根へ。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



酢豚

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



魚河岸あげと小カブの炊いたん

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.

ちょっとまとまりがないですけど
ごちそうさまでした。




自家製ベーコンですが
ちょっとオリジナルの作り方なので紹介します。


豚バラ肉。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

適当な大きさに切ります。

.



ピックル液

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

肉を漬け込む調味液。
塩、香辛料(コショウ、にんにく、コリアンダー、ナツメグ、クローブ、セロリの葉、等)
塩分濃度は肉との重量比で3.5~5%くらい。
3.5%なら塩抜き不要、しょっぱいようなら燻製前にちょっと水に晒す。

.



ピックル液を絡めて・・・

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



ジップロックに入れて
空気を抜いて冷蔵庫へ。
このままだいたい3日間。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
ここからがオリジナルの製法です。
一般的にベーコンを作る場合「温燻」といって、スモークしながらゆっくり加熱していく必要があります。
しかしこれが、とても時間がかかって煩わしいのです(余裕で数時間かかる)。

で、考えました。
スモーク工程と加熱工程を分ければいいのではないか。
結果的に、これが大正解でした。


ピックル液から出して洗った豚肉を
70℃くらいでじっくり低温調理。
(温度管理は必須)

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



数十分後、加熱終了。
袋から取り出して、
表面を乾かします。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.



そして、スモーク工程。

1000円の鉄フライパンと
100円ショップの使い捨てアルミ鍋と焼き網を改造した自家製スモーカー。

こういう遊びに高価な専門器具を買うと負けた気がするので、
あくまで低価格にこだわります。

電熱器は実家のものを借りました。

EOS5D Mark III + EF24-70mm F2.8L USM

.



二段でスモークできるようになっております。

スモークチップは「ヒッコリー」一択。
個人的な好みからです。

EOS5D Mark III + EF24-70mm F2.8L USM

.



何度かひっくり返しながら、
色づきを待ちます。

EOS5D Mark III + EF24-70mm F2.8L USM

.



そして、完成。

EOS5D Mark III + EF24-70mm F2.8L USM

.
面倒くさいように感じますが、
意外と簡単です。

何より、自家製のスモークは美味しい!
酒のつまみにも最適です。



 

タグ「料理写真」の関連記事

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。