メシを撮ること2020年7月

自宅にて 7月のメシ撮り累積

.
この空が長らく雨雲に閉ざされようとも、
うまいメシを作って、
うまい酒を飲めば、
心は晴れるのだ。




砂肝の冷製塩ポン酢

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
梅雨の蒸し暑い時は
とにかく冷たくさっぱりと食べたい。

スライスした砂肝を塩ゆでにして冷やしたところに、
作って冷凍しておいた塩ポン酢を
シャーベット状にしてかけてみる。

美味し。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.





青ネギのダシ巻かざる玉子

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
ダシ巻きを巻くのが面倒くさい時がある。
あと、ダシの比率を多くすると巻くのが至難の業になる。

だから、巻かない。
味は一緒だから。

青ネギがたくさんあったので、
色合いも兼ねて入れてみた。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

見てのとおり、
ダシ汁が溢れる様相を呈する。





焼き大ナメコ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
いつだったかうちの父が
どこかで教わってきた(曖昧)、焼きナメコ。

大きくなったナメコは焼いて醤油をかけると
本っっ当に美味しい。

稲泉寺にハスを撮りに行った帰り、
飯山の道の駅で大ナメコを発見したので、
迷うことなくグリルで焼いた。

これを一度食べると、
小さいナメコの存在感が霞むほど。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.





シメそうめん

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
日本酒を飲んだ後に、
なにかシメを食べたいという渇望と
シメなんか食べちゃダメだという自制心と
いや少しなら大丈夫だって、という自己懐柔。

それらの葛藤を高度に融合し、
背徳感を絶妙に軽減させた一杯。

さっきまで日本酒を飲んでいたぐい呑に盛り付け。
これで、全て解決(断言)。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

 


.



オードブル

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

美しかったので。
(両方とも戴きもの)





モッツァレラチーズ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
あの田中義剛が経営する「花畑牧場」の商品が
最近は長野県にも結構入ってきている。

スーパーの見切り品コーナーで
珍しいチーズがお安くなっていたので買ってみた。
花畑牧場 手造りチーズ ブラータ ~生モッツァレラ~

外見は普通のモッツァレラチーズだったが、
切ると中からやばい奴が溢れ出す。

これ、モッツァレラチーズと生クリームをミックスしたものだそうだ。

こんなもの食べたらダメなんじゃないか、という
背徳感が凄まじい。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

でも、超うまい。



.



豚のもも肉
レモンクリームソース

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

テレビでやっていたレシピで作ったのだが、
クリームソースを固くしすぎて
マヨネーズみたいになってしまった(反省)。

味はとても美味しい。




春巻きの皮ピザ(マルゲリータ)

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
久々に作った春巻き皮ピザ。
こんなにもピザとしての体裁が整っていて
これほど即席でできる料理は他にない。

庭に生えているバジルをちぎって散らせば、
立派にマルゲリータの要件も満たす。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

最も優れているのは
重くないので、つまみに最適というところ。



.

再利用的、冷製トマトパスタ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
春巻き皮ピザのソースが余ったので、
粉チーズを入れて
冷たいトマトパスタに転用。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

 


.

ミョウガのナムル

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



夏の定番。
合言葉は
「ミョウガは薬味じゃなくて野菜」

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

 


.



豚肉と茸の塩煮

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.

日本酒のアテとして。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.




豚の冷しゃぶ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
もみじおろしとポン酢で。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

調味料をかけるショットを初めて撮ってみた。




.



う巻き

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
土用の丑も近づき、
夏はうなぎだ!
と思い立ったのではなく、
実家からお土産で貰ったうなぎ。

丼にしてしまうと宴がストップするので
酒のアテとして活用。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

卵とうなぎのコラボを考案した人は天才。



うざく

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
さらには、うざくも作成。

きゅうりの酢の物とうなぎのコラボを考案した人もまた天才だと思う。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.




コロッケ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
生まれて初めてコロッケというものを作ってみる。

学生時代、アパートの近くにあった精肉店。
ここのコロッケがとにかく美味しかった。

その特徴は、じゃがいもへの火の通し方。

よくある全体的にホクホク柔らかにしてしまわず、
浅茹でのやや硬い部分をわざわざ残してある。

この食感のコントラストがとにかく美味しく記憶に残っている。

そこで、今回はそれを再現してみた。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
これこれ、
このちょっと硬い部分が美味いのだ。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.




夏野菜のラタトゥイユ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
トマト以外は庭で穫れた野菜。

野菜のある生活は安心する。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.




ガリバタチキン

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

骨付き手羽元が安かったので、
骨を外して焼いたところに
すりおろしにんにくとバターを投入。

激しく美味い。
でも、こういうものを
あまり食べてはいけない。

でも美味い。
でも食べてはいけない(以下繰り返し)。




鶏つくねプレート

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
鶏むね肉のひき肉に軟骨を刻んで入れて
団子にして焼いた。
タレと塩でいただく。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

ガリバタチキンに比べれば
鶏むね肉だしノンオイルだし
これならいくら食べても大丈夫(激しく誤解)。






アボカドのカクテルサラダ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.

夏っぽい。


EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.




焼き米ナスのジェノベーゼ

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
妻の実家産の米ナスを焼いて
作って冷凍しておいたジェノベーゼソースをかける。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
油と出会ったナスは本当に最強。





和風だしの冷たいラーメン

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

襲いくる背徳感に苛まれようとも
強い心で打ち勝って
シメのラーメンに突き進むのが
晩酌道というものなのである。
(違います)

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



うそマジで!?というくらい沢山の鰹節でとった濃厚なダシをベースに
昆布、あごだし等をミックス。

冷凍庫で凍り始めるくらいまでしっかり冷却。

仕上げにミツバを散らして更に和風化を加速。

EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

.
とにかく冷たい麺は、
キンキンに冷えていることが鉄則。

ほろ酔いの身体に染み渡るのだ。
ほら身体が喜んでいる(違います)。




「背徳感」連発のメシ撮りだったけれど、
なにはともあれ、
美味しいのが一番。


今月もごちそうさまでした。


タグ「料理写真」の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。