ニホンカモシカ、興味津々

長野県大町市 平

.


山道から見上げる高台に
カモシカがいた。

今まで見てきたカモシカの中では
誰よりも美形で
愛らしい顔つきだった。

身じろぎもせず
こちらを見ていた。


EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

.


まさに興味津々といった目つきで
視線をそらさない。

「おーい」と声を掛けてみたが
まるで逃げようとする気配がない。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

.



そこで我々は、
誰も見ていないのをいいことに、
見よう見真似の阿波踊りを
カモシカに向かって披露してみた。

しかしカモシカは
やはり微動だにせず
ひらひら踊る二人の人間をしばらく眺めていたが、
やがて馬鹿らしくなったのか、
ゆっくりと森の奥に歩き出した。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

.

途中、カモシカはまた立ち止まって
我々を振り返った。

阿波踊りアンコールか。
いや、違うか。

やはりカモシカが何を考えているのかは
分からずじまいであった。

ただ、あのカモシカは
長野県人が踊る、
なんの心得もない「エセ阿波踊り」を見物した
最初で最後のカモシカであろう。
それは、仲間に自慢していい。

さらば美しいカモシカよ。





別の日。

車で走っていると
川の対岸に何か動くものを見つけた。

カモシカの親子だった。

今まで会いたい会いたいと願い続けた
カモシカの親子に初めて会えた。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



積もった雪の
硬い表層を時折踏み抜いて
ズボズボと足を取らつつ
親子はゆっくりと辺りを歩きまわりながら
枯れ枝に残った葉っぱや
冬芽を口にしていた。

彼等にとっても過酷な冬がやってきているのだな、と思う。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



幼獣の死亡率は50パーセントだというから、
この子もここまで成長するのには
かなり苦労したはずだ。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

独り立ちまであと少し。
頑張れ!


 

タグ「ニホンカモシカ」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。