暖冬のニホンカモシカ

長野県大町市

.
暖かすぎる冬。

山中は辛うじて雪化粧しているが、
それとて長くは続かない。

降ってきたのは
雨。


EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.

いつもであれば、
粉砂糖のようなサラサラ雪が
背中をうっすら白くするくらいだ。

だが、冷たい雨は
厚い冬毛の上にまとわりつき
ずっしりと重くなる。

カモシカはそれを
鬱陶しそうに振り払う。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



細かい水滴が
辺りに飛び散る。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.

やれやれ、といった顔に見えなくもない。
寒いのも大変だろうが、
冷たい雨に降られ続けるというのも
さぞかし辛いだろう。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.


次の日。

昨日、一頭で雨に濡れていた彼女のもとへ
子供が帰ってきていた。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



そろそろ親離れの時期が近づいているのか、
ちょっとした冒険の旅にでも出ていたのかもしれない。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



まだまだ表情はあどけなさを残す。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



でも、眼光は
少しずつ大人たちと同じ鋭さを
宿しつつある。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



この日、この親子にまた一つ変化があった。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



母親の後ろに
別のカモシカの影。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



オスのカモシカだ。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



特徴的な角の形から、
2018年1月にこの場所でこの母親と恋仲になっていたオスだと分かる。
(詳しくは過去記事『ニホンカモシカの親子と夫婦』参照)

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



恋の季節を迎え、
またこの母カモシカの縄張りにやってきたのだった。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



母カモシカからはかなりの距離を取って後を追っていく。
しかし、親密な仲になるには
まだまだ時間がかかりそうだ。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



人間のように「元カレ」「元カノ」という気安さはない。

同じ相手であっても
厳密に最初からやり直しらしい。

カモシカって大変だな。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



立木にマーキングする母カモシカ。
見ている間、オスは一切マーキング行動はしなかった。
やはり、オスによる「通い婚」という図式なのだろう。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



川の中に入る仔カモシカ。
カモシカは平気で川を渡る。
だが、やや珍しい光景。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



それはさておき、ちょっと気がかりなことがあった。
私が出会ったカモシカの中で一番の古株である
馴染みの(?)カモシカにずっと会うことができずにいる。

縄張りを出てしまったのか、
それとも命を落としてしまったのか。

そんな中ここに来て、ようやくうっすらと雪が積もり、
彼らの行動が視覚化できるようになった。

雪の上にカモシカの足跡。
蹄の形が特徴的。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

.



足跡は冬枯れの森の中へ続いている。
確かにあのカモシカは生存していて、
しかも、この近くにいることは判明した。

まずはホッとする。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

.



足跡の向いている方を参考にしながら
心当たりの場所をくまなく探し回る。

そして、見つけた。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



この均整の取れた風貌。
やっぱり君は美しいな。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



しかも、とても元気そうだ。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



かなり近づいても怖気づかない度胸も健在。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



まっすぐ見つめられると
ドキドキする。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



4つの蹄でしっかり地面を踏みしめているのを見ると
ちょっと嬉しくなる。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



雪の間から顔を出したシダを食べる。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



いつもだったら深い雪を掘り起こして
食べ物を探さないといけないから、
食事の面では、
とても過ごしやすい冬なのかもしれない。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



食事しながら、
たまに、こちらを振り返る。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



あ、しゃがんでおしっこしている。

動物写真家の宮崎学氏によると、
こうやって腰を落としておしっこするのはメスの特徴だそうだ。

加えて、以前に子連れでいたことがあるので、
このカモシカはメスで間違いないと思う。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



悠々とした足取りでゆっくり歩いていく。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



時折、風の匂いをかぐ。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



時々、振り返る。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



森の奥へと小さくなっていく彼女を見送る。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.


EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

次はいつ会えるだろうか。


 

タグ「ニホンカモシカ」の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。