自家製シュウマイとか実家製手打ち蕎麦とか。

『メシを撮ること』シリーズ

.



蒸籠。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



開ければドーンと盛大な湯気。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



焼売!

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



豚挽肉と玉ねぎ、干椎茸という
至ってシンプルな食材の組み合わせにも関わらず
作り方によってここまで化けるのか!というメニュー。
そして、店で食べるとなんであんなに高いのか、という謎がいつまでも残るのです。
焼売は俄然、自家製がよろしい。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



トマトソースのパスタ。

自分好みの味で
じっくり食べたい時もあります。
そんな時は
やはり自家製で。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



粉チーズもよく合います。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.




トマトの水煮缶(パック)と
ニンニク、玉ねぎ、オリーブオイル、鷹の爪、オレガノ、
調味料適宜。
素材はシンプルなのだけれど
奥は深いのです。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



ブラックオリーブのドライトマト漬け。

オリーブの塩漬け(ブラック・グリーン両方)が大好物なのです・・・
たまに行くデパ地下のお気に入りオードブルなのですが、
いかんせんお高い。

味を覚えたので、後は自宅でOK。
オリーブの水煮缶に、実家から貰った自家製ドライトマト、
オリーブオイルにガーリックパウダーと調味料少々(店のはアンチョビが入ってる)。

ワインが止まらなくなります。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



ハスの花も好きですが、
根っこを食べるのも大好きなのです。

色々と試しましたが、
塩炒めが蓮根の一番美味しい食べ方かもしれません。

蓮根は縦斬り(断然歯ざわりが良くなる)。
ごま油で適度に炒めて
塩コショウのみ。

これも至上のおつまみ。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



洋風塩キャベツ。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



信州人とはいえ、
蕎麦を自宅で打つのはなかなか敷居が高く、
たまに店で食べるくらいのメニューだったのですが、
数年前、その蕎麦の勢力地図を
根本から塗り替える大事件が起こったのでした。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



妻の実家で頂いた蕎麦。
自前の粉で打つ義母のお手製。
蕎麦とはこれほど鮮烈な味がするものだったのか!
と衝撃を受けました。
それ以来、蕎麦のハードルが上がってしまって困っています。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



その味は今も健在。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



春先なのに、
立派に新そばの香りでした。
いつも美味しい蕎麦をごちそうさまです。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.




鶏胸肉と大根の煮物。

一晩、塩麹に漬けた鶏胸肉は
究極食材と言えるでしょう。

あの安さからは信じられない
味と食感に変わります。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



ある日の朝食。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.



やっぱりこれが基本です。

EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

.

ごちそうさまでした。


 

タグ「料理写真」(『メシを撮ること』シリーズ)の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。