ぴーちゃんと爺ちゃん ― 安曇野の白鳥シーズン1【外伝】

長野県安曇野市穂高北穂高 狐島 (ピーちゃん・フクちゃん保護舎)

-

白鳥のピーちゃん
EOS5D + EF50mm F1.2L USM

-




爺ちゃんに呼びかける白鳥のピーちゃん
EOS5D + EF50mm F1.2L USM

-




爺ちゃんと白鳥のピーちゃん
EOS5D + EF50mm F1.2L USM

-




EOS5D + EF50mm F1.2L USM

-




EOS5D + EF50mm F1.2L USM

-




白鳥の去った後の田んぼ
EOS5D + EF50mm F1.2L USM

-


どうしても白鳥に会いたくなって、
ピーちゃんとフクちゃんのところに行ってきた。

金網越しに白鳥を撮っていたら、
世話をしている爺ちゃんがやってきて
「金網越しじゃなくて直に撮ればいいよ」
と入口の戸を開けてくれた。

爺ちゃんが小屋の中に入って木箱に腰掛けると
ピーちゃんが嬉しそうにコーコー鳴きながら
爺ちゃんのすぐ近くまでやってきた。
「おーよしよし、ピーちゃんどうした?」
爺ちゃんの問いかけに応えるように、
ピーちゃんは鳴きながらおじぎをしている。

「よくなついているんですね」
私がそう言うと
「おらのことを仲間だと思ってるんだよ。
まだ幼鳥のころからここにいるからね」
と、爺ちゃんはちょっぴり嬉しそうにはにかんだ。

爺ちゃんもピーちゃんも、多分お互いを家族だと思っている。
それはちょっと素敵なことだ。

ピーちゃんは怪我で片翼を失った。

だからもう、白鳥の仲間達と一緒に空に上ることはできない。
けれどピーちゃんには、代わりに人間の家族ができた。

これが良いことなのかは、
実際の所よく分からない。

しかし、あの小屋の中で爺ちゃんと
静かで幸せそうな日々を送っているピーちゃんを見ていると、
この温かい関係が
いつまでも続くように、祈らずにはいられない。

写真を撮り終えた私に、
爺ちゃんはピーちゃんとフクちゃんの話や、
ほかの白鳥たちの話を沢山してくれた。

別れ際に爺ちゃんは、
「チューリップと藤の花が咲いているんだ、撮っていくといい」
と、自宅の庭に案内してくれた。

爺ちゃんの庭に咲く、チューリップも藤の花も見事だった。

きっと、この花たちもピーちゃんのように、
爺ちゃんの愛情をたっぷり受けて育ったのだろう。

爺ちゃんに礼を言って、狐島の水田を後にした。
白鳥が来ていた水田はすっかり干上がって、
白鳥の暮らしていた所が白い土に変わっていた。

あの賑やかだった冬が幻のようだ。

仲間達がこの水田に戻って来るまであと半年。
それまでに、またピーちゃんとフクちゃんに会いに来ようと思う。

 

再編集版あとがき

 この記事を読み返すたびに、胸がぎゅっと苦しくなる。

 この写真に写っているものはすべて、今はもう、どこにもない。
 ピーちゃんも、爺ちゃんもいない。
 この田んぼにも、白鳥が舞い降りることはなくなった。

 愛おしかったものは、やがていつか思い出になる。

 それは、わかっている。

 わかってはいるのだが。

(記 2008年8月11日)

「安曇野の白鳥」の関連記事

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。