ピーちゃんの帰還 ― 安曇野の白鳥シーズン7【外伝】3

長野県安曇野市豊科 犀川白鳥湖

.


3月16日。

あれからというもの、
ピーちゃんのことが気になって仕方がない。

諦め半分の重い気持ちで
白鳥湖を訪れる。


.




・・・・あれ?

3羽いる。

.




あの、くちばしのクワガタ模様。

ピーちゃんだ。
間違いない。

.




ピーちゃんは帰ってきていた。

どこに行っていたんだよまったく。

とにかく良かった良かった。

.



ピーちゃんは片翼だから、
川に流されたりすれば、
羽ばたいて上流に戻るということはできない。
天敵のキツネなどが襲ってきても
飛んで逃げるということができない。

だから、最悪の事態を考えざるをえなかった。

.



ピーちゃんは
こちらのそんな気持ちも知らず、
早春の太陽の下で
うとうとひなたぼっこをしている。

.




ずっと箱入り娘だったから
大丈夫かな、と思っていたけれど
ちゃんと帰ってくるとは
大したものだよ。

.




ピーちゃんたちを珍しがって
観光客の子供たちが駆け寄ってくる。

フクちゃんとのぶちゃんは
めんどくさそうに立ち上がって、
ヨタヨタ歩いていくのだけれど、

ピーちゃんだけは
そんな子供に向かって口をパクパクさせ
教育的指導をしているのだった。

.



ピーちゃん、
やっぱり君は大したものだよ。

.



でも、いろいろと心配になるから
今度出かける時は、ちゃんと教えて欲しい。

旅の食料とか、防犯ブザーとか、
事前に準備してあげたい気持ちでいっぱいだ。

.

おかえりピーちゃん。


 

タグ「安曇野の白鳥」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。