ボーイング787「ドリームライナー」/Boeing787″Dream Liner”

ボーイング787 「ドリームライナー」(Wikipedia)

.


トビウオの飛翔を彷彿とさせる
洗練された造形。

生まれて初めて
旅客機を「美しい」と思った。


EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.
2014年4月5日 14:12

長野県大町市上空

ANA885 / 全日空885便
HND→TOY / 羽田→富山
Boeing787-8 / JA818A
高度 : 25825ft / 7871m
速度 : 294kt / 544km/h

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (トリミング)

.



遥か上空で陽光にきらめく787。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



他の旅客機にはない、
大きな翼のしなり。
翼全体で風をつかまえている。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

 




思いがけず、
JALの787に間近で出会えた。



2014年5月2日 15:10

中部国際空港(セントレア)

JAL3084 / 日本航空3084便
NGO→NRT / 中部国際空港→成田国際空港
Boeing787-8 / JA833J


機番はJA833J。
今年1月に導入されたばかりの新しい機体。
塗装もまだ透き通るような白さを湛えている。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.


余談だけれど、日本航空はロゴマークを鶴丸に戻して
本当に良かったと思う。
これぞJALという感じ。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



実は、JAL機とANA機ではエンジンの中身が違う。
これはゼネラル・エレクトリック社製「GEnx」

エンジンのインターフェースを規格化して、
異なるメーカーのエンジンを搭載できるほか、
将来的に開発されるであろう新型エンジンにも
換装できるよう設計されている。

まさに、「進化の約束された」旅客機。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



特徴的なエンジンナセル後端のギザギザ
シェブロンノズル
見た目に美しく、騒音低減に技アリ。
体感的にも、バカでか騒音のB777に比べ
かなり静かだと感じた。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.



空へ。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

.





いつも北の空目指して飛んで行く787を
間近で見たくて
富山まで行ってきた。

空高く舞う787もいいけど、
やはり近くで見ると迫力が違う。



2014年5月23日 10:27
富山空港

ANA885 / 全日空883便
HND→TOY / 羽田→富山
Boeing787-8 / JA812A

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

.




EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

.




前から見ると
エンジンがかなり巨大であることが分かる。

EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

.



着陸後、1時間で羽田に戻る。

2014年5月23日 11:35

ANA885 / 全日空886便
HND→TOY / 羽田→富山
(883便の折り返し運行)

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.


「ドリームライナー」のロゴ。
787には必ずペイントされている。

三日月のマークがカッコいい。

あの翼のしなりをイメージしているのかも。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

.




衝突防止灯を始めとした灯火類が
787ではLED化されている。
従来の旅客機が「チカッ・・・チカッ」と光るのに対し、
787は「チーカ・・・チーカ」と特徴的に光る。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



胴体後端の無塗装部分。
この中には(補助動力装置=APU)という装置が入っている。
APUは言うなれば小型のエンジンで、
メインエンジンを始動するための電力や待機電力を一手に供給している。
従来のAPUはエンジン始動用の圧縮空気も供給していたが、
787はエンジンスタートの機構がオール電化されているので、
APUは電力専用供給機という位置づけ。

ちなみに、空港に駐機している旅客機が
メインエンジンを止めているのに
キーキーシューシューとエンジン音をさせていることがあるのは
このAPUを動かしているから。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



エンジンナセルの側面に
「ロールス・ロイス」のロゴ。
GEnxを搭載するJAL機に対し、ANAの787のエンジンは
ロールス・ロイス製「トレント1000」が採用されている。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.




EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



窓には
東京に向かう乗客が。

本当は写真なんか撮ってないで
あの席に座りたい。

こんなにヒコーキ馬鹿なのに、
旅客機搭乗経験は過去2回、というのは
お約束の自虐ネタ。

いつの日か旅客機で出勤してみたい。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



タキシーアウト。
機長が送迎デッキに向かって手を振ってくれた。

送迎デッキには他に誰もいなかったので
お手振りを独り占めで贅沢の極み。

やっぱ、パイロットはかっこいい。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



ANA機の特徴はやはりこの
巨大787ペイント。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



富山空港は誘導路に余裕がなく、
出発機はランウェイエンドまでタキシングしたあと、
そこでUターンする必要がある。

撮り手としては嬉しいかぎり。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.

テイクオフ。

突如思い立って一か八かの流し撮りに挑戦。
ちょっと寄り過ぎだが、
とりあえず成功ということで。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



そしてまた空へ。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.




大きな翼が
再び風をはらんで
大きくしなる。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.



雲の彼方へ。

良い空の旅を。

EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

.
やはり何度見ても
美しい飛行機。




タグ「 航空機(民間機)」の関連記事