公園遊具で遊ぶニホンザル

長野県安曇野市穂高有明

-

最初、目を疑った。

しかし、
奴は所定の位置に
人間の子供がそうするようにして、
正しく座っていたのだった。


公園遊具で遊ぶニホンザル
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



以前は公園であっただろう草地の一角に置かれた
子供用の遊具。

1頭のニホンザルが
その座席に上手に収まって
ちゃんと持ち手を握っている。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



サルは遊具の座席に陣取ったまま
草むらで走り回る仲間を
ぼんやり見ている。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



やがて、そうすることに飽きてしまったのか
サルは体の向きを変え、

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



そこからひょいと飛び降りて
草むらの向こうに立ち去った。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-

人間向けの遊具に、
ニホンザルが正しい姿勢で乗っていることに驚いたが、
この遊具のことをその辺の樹の枝と同じような
「座る場所」としてサルが認識しているなら、
こういうこともあるだろうな、と思った。

珍しい写真が撮れて良かったな、と思いつつ
他のサルを撮っていたその時、
さっきのとは別のサルが、
件の遊具に座っているのが見えた。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



今度もやはり、
ちゃんと正しく座っている。

そしてなんと、
サルは遊具を自分で前後に揺らしている。

公園遊具で遊ぶニホンザル
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



写真では分かりづらいが、
遊具が前後に揺れている。
サルはそれを止めることなく
自分の体でさらに勢いを付けて
ずっと遊具を揺らし続ける。

正しい姿勢で遊具に座るだけでなく、
サルは遊具本来の用法に従って
正しく遊んでいたのだった。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-



サルの、生存本能を離れた
「遊び」の行動にも驚かされたし、
サルでも自然と遊んでしまう
この遊具の設計にも驚かされる。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-
正しく設計された遊具は
説明などなくても、
誰もが正しく遊べるのだ。
たとえそれで遊ぶのが、
サルであったとしても。

そして、
正しい遊具に触れたサルは、
正しく遊びを楽しむのだ。

驚きもそこそこに
いろんな予想外に
感心してしまった。