秋を味わうニホンザル

長野県大町市 平

.

秋。

彼らにとって、
最も満ち足りた季節。



落ち葉を踏みつつ
一生懸命
何かを探している。

栗拾いのニホンザル
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



お目当ては、栗。

栗の季節
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



彼らもきっと
楽しみにしていただろう
秋の味覚。

栗を食べるニホンザル
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



「うまい!」とでも
言いたげな顔。

栗を食べて「うまい!」の顔
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



とにかく夢中で食べる。

栗を食べるニホンザル
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



こちらは
イチイの木の梢。

イチイの実に手を伸ばすニホンザル
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



ほのかに甘い
小さな赤い実を
次々と口へと運ぶ。

イチイの実を食べるニホンザル
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



若いサルも
大人を見習って
実を食べる。

イチイの実を食べる子猿
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



イチイの実は
外側の赤い部分は甘くて美味しいが、
種にはタキシンという、
かなり強い毒(致死性の心臓毒)がある。

サル達はそれを知っているのか、
赤い部分だけ食べて、
種はちゃんと吐き出しているのだ。

どこで習ったのか知らないが、
感心する。

イチイの種を吐き出すニホンザル
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



まだ紅葉には少し早い
緑の中を行くサル。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.


食べ物も多いし、
寒くもない。

彼らにとっても、
心安らぐ季節だろう。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



子ザル達。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



好奇心も強いが
警戒心も強い。

人間を不安そうな顔で
見つめ返す。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



じゃれ合いの時間。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



母親を見るまなざし。

母親を見上げる子猿
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



木漏れ日の中、
ゆっくりと毛づくろい。

穏やかな時間が流れる。

ニホンザルのノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



ノミ取りに集中すると
職人の顔つきになる。

ニホンザルのノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



ノミ取り職人。

ニホンザルのノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



取ってもらう方は
暇なので
たまにキョロキョロしている。

ニホンザルのノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



子供同士のノミ取り。

子猿同士のノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



こちらも一点集中。
ゾーンに入っているのか。

子猿同士のノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



ぬ。

子猿同士のノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



ん~。

子猿同士のノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



未来のノミ取り職人の
片鱗を見る。

子猿同士のノミ取り
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



母と子。

ニホンザルの親子
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



外界に興味津々の子ザル。

ニホンザルの親子
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



母の傍らで
いろいろなことを
学んでいく。

ニホンザルの親子
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



それでもまだ、
母の背中が恋しい年頃。

母の背中に乗る子猿
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



来るべき冬に向けて
冬毛に衣替えした彼ら。

冬毛に覆われた秋のニホンザル
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



厚手のコートは
まだ汚れもなく美しい。

EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



冬の寒さから身を護る
唯一の手段。
大切に毛づくろいするのも頷ける。

ニホンザルのポートレート
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



秋の陽に
細い毛の一本一本が
輝いている。

ニホンザルのポートレート
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



あともう少しで
冬がやってくる。

ニホンザルのポートレート
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.



迫りくる厳しい季節を前に
彼らは
つかの間の秋を
楽しんでいる。

ニホンザルのポートレート
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM

.




撮影後記

 久しぶりにホームグラウンドのサルに会えました。
 こちらがカメラを構えて迫っていくと、彼らはとても迷惑そうな顔をして立ち去ろうとするんですが、そこをしつこく粘ります。すると彼らは警戒するのに次第に飽きてきて、通常営業に戻るその時がシャッターチャンスです。
 この群れは昔から撮り慣れているので、そういうタイミングもかなり合わせやすくて助かります。
 この日は光の具合がとても良く、サルの毛の質感がかなり出せました。
 写真を撮り始めるまでは、ニホンザルって薄汚いイメージがあったんですが、薄汚い時もある代わりに、とても美しい時もあるんだということに気づきました。
 被写体として常に変化があって、面白いです。

 

関連記事