地下世界へのいざない ~筒石駅・大谷資料館~

新潟県糸魚川市 えちごトキめき鉄道 筒石駅 地図
栃木県宇都宮市大谷町 大谷資料館 地図

-


仄暗い
地の底が
呼んでいる。






長い長い、地下への階段。

えちごトキめき鉄道 筒石駅 階段
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



長いスロープの先に、

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



さらなる階段。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-




ようやく辿り着いた先には
「つついし」
の表札。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



ここは、
越後トキめき鉄道 筒石駅。
全長11,353mの頸城トンネル内に建設された
完全なる地下空間。

改札から下りホームまでは
290段の階段で高低差176m、
上りホームまでは280段で212m。

えちごトキめき鉄道 筒石駅
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-




駅員は
列車が到着するたびに
地上と地下を往復する。

もちろん、
エスカレーターやエレベーターはない。

えちごトキめき鉄道 筒石駅
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-




暗闇の彼方から
直江津行の列車が到着する。

えちごトキめき鉄道 筒石駅
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-





一度たりとも陽の光を浴びたことがない
この地下世界が
まばゆく照らされる瞬間。

えちごトキめき鉄道 筒石駅
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



わずかな乗降の間だけ
ここは
人間の気配で満たされる。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



そして列車はすぐに
次の駅に向けて
ホームを滑り出す。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



つかの間の喧騒をよそに
地下空間はまた
仄暗い静寂に満たされる。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-




長い階段の先には
地上の光が待っている。

えちごトキめき鉄道 筒石駅
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-


 

栃木県宇都宮市。

ここにもまた

別の地下世界が存在する。



石造りの長い階段を進む。

大谷資料館
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



そこに、突如として現れる
巨大な地下空間。

大谷資料館内部
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



斑入りの岩肌が
古代神殿を彷彿とさせる。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-




妖しく浮かび上がる
バルコニーや石柱。

遺跡のようにも見える。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



ここは、栃木県名産である
大谷石の採掘坑跡
「大谷資料館」。

大谷資料館内部ライトアップ
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-




大谷石を掘り抜いてできた
巨大な空間を
一般向けに公開したものだ。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



空間内には
様々なオブジェや
ライティングが施され、
幻想的な世界が演出されている。

大谷資料館内部ライトアップ
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-





この異世界の雰囲気が評価され
映画やドラマなど
さまざまな映像メディアの
ロケ地となっている。

大谷資料館内部ライトアップ
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



紫色に浮かび上がる
石の十字架。

大谷資料館内部ライトアップ
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



壁に規則正しく並ぶ格子模様は
石材を切り出した際の
丸鋸の跡。

大谷資料館内部ライトアップ
EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



大谷石は地層によって石質に違いがあり、
良質な部分だけを掘り抜いた結果
このような地下巨大空間ができあがった。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



坑内のところどころに
石材を採掘現場が
残されている。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



壁も天井も
階段もすべて
設置したものではなく「掘り上げた」もの。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-



そこは
裸電球が照らす
不思議な地下の世界。

EOS5D Mark III + EF24-70 F2.8L USM

-

ぜひ
ご堪能あれ。


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。