養老天命反転地に行ってきた

岐阜県養老郡養老町高林1298-2 「養老天命反転地」 HP Wikipedia 地図

-

濃尾平野を見下ろす
岐阜県養老町の高台。

岐阜県養老町、養老公園からの眺め
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-




数年前から気になりつつ、足を運べなかった
「養老天命反転地」に行ってきました。


入口。

いきなり「危険です。ご注意ください」の文字。
あとで分かることですが、
これ、冗談ではないです。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



この「養老天命反転地」は
「世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏と
そのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の
30数年に及ぶ構想を実現した、
身体で直接体験できるアート作品です。(公式HPより抜粋)」
とのこと。

美術館とか博物館ではなく、
あくまでも「アート作品の中に入る」とのことです。


では、いざ入場。



「楕円形のフィールド」

養老天命反転地「楕円形のフィールド」
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



「極限で似るものの家」

養老天命反転地「極限で似るものの家」
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



異次元感と廃墟感が半端ない。

養老天命反転地「極限で似るものの家」内部
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



なんだかもう、思考を超越した世界。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



どこを向いても現実感なし。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



薄暗がりと光が交錯。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



楕円形のフィールド外壁内部。

養老天命反転地「楕円形のフィールド」外壁内部
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



外壁内回廊。

養老天命反転地「外壁内回廊」
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



重力方向を無視した建築を利用して
こういう写真が撮れます(人気)。

養老天命反転地、人気の撮影スポット
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



フィールド内は、たやすく転倒するような場所ばかり。
「バリアフリー?なにそれ美味しいの?」
という感じなので、くれぐれもご注意ください。
私も一回、派手に転びました。尻強打。

養老天命反転地、フィールド内
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



・・・・・。
言語化を拒む世界。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



・・・・・。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



・・・・・。

EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-



何を撮ってもヘンテコリンで
現実離れしてます。

養老天命反転地、外壁
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM

-

なんともカオスな世界でした。

バブル崩壊後に作られたこういう実験的な施設が
今もこうして維持され、
年間数万人が訪れるというのは驚異的。
それだけ、作品に人を惹きつける魅力が
あるということでしょう。

もう一度行くかと言われれば迷いますが、
一度はこの訳の分からない世界に
身を投げてみるのも面白いと思いました。


 

「旅先見聞録」の関連記事

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。