古代ハス「大賀ハス」のこと ― 蓮記2017【3】―

長野県下高井郡木島平村穂高858 熊野山「稲泉寺」 地図

-



大賀ハス。

1951年(昭和26年)

2000年の長き眠りから目覚める。



大賀ハス咲く
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-




千葉県千葉市検見川
(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)の
花見川下流湿地帯。

戦後の物不足の折、
燃料として使われていた草炭(ピート)の採掘中、
偶然、地中から1隻の丸木舟が掘り出された。

そして、この丸木舟と一緒に
ハスの果托が発見される。

大賀ハスの物語は
ここに始まる。

大賀ハス
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-




当時、ハス研究の第一人者であった
植物学者の大賀一郎博士。

果托出土の報せを聞き、
もしや、と思い
地元ボランティアを募って
発掘調査を行うことにした。

大賀ハス
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

-




果托が出土したなら
種子も出てくるかもしれない。

ハスの種子発掘調査は
1951年(昭和26年)3月3日から開始された。

ところが、
当初の期待とは裏腹に
種子は一向に見つからない。

いたずらに時間だけが過ぎていく。

EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

-



めぼしい成果も上がらぬまま迎えた
3月30日。

翌日には調査打ち切りが決定している。

夕暮れが迫る。

もう後がない。

大賀ハスの蕾
EOS5D Mark IV + EF135mm F2L USM

-



あった!

発掘ボランティアに参加していた
花園中学校の女子生徒が
1粒のハスの種子を
ついに発見した。

地下約6メートルの泥の中から発見された
この種子が
奇跡の1粒だったことを人々が知るのは
もっと後になってからのことだ。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-



ハスの種子発見に活気づいた発掘現場。

急遽、発掘の日程が延長され、
4月6日にさらに2粒、
合計3粒のハスの種子が発見されたのだった。

大賀ハスの花托
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-




5月。

大賀博士は
発掘された種子の
発芽実験に取り掛かる。

EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM

-




5月7日。

大賀博士は硬い種皮にハサミを入れ
水を張った水槽に
種子を静かに沈めた。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-




それから3日後の
5月9日未明。

ハスは長き眠りから目覚め、
発芽を開始した。

水面に映った大賀ハス
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



発見された3粒の種子のうち、
2粒が発芽に成功。

だが、
発芽した2株のうち1株は
生育途中にあえなく枯死。

残された1株に
最後の希望が託された。

朝の青空と大賀ハス
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

-




大賀博士の切なる思いが届いたのか、
ハスはすくすくと育った。

そして、その翌年
1952年(昭和27年)7月18日。


花が、
咲いた。

最後まで生き残って花を咲かせたこの株は
3月30日、
女子生徒が泥の中から拾い上げた
最初の1粒だった。

EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM

-




発見された種子の上層から発見された
丸木舟の年代測定の結果、
ハスの種子は
約2000年前の、
弥生時代以前のものであると推定される。

ハスの開花は
世界最古の花の復活として
国内外に広く報道された。

そして、

このハスは
博士にちなんで
「大賀ハス」
と命名される。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-




大賀ハスはその後、
大切に育成され、
幾度の株分けを経て、
今日では
日本各地の蓮池の夏を彩るまでになった。

EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



言うまでもなく
それらの大賀ハスは

66年前に地中から拾い上げられた
たった1粒の種子から
全てが始まっているのだ。

散った大賀ハスの花弁
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-



夏空の下、
大賀ハスは
はるか昔の弥生人が眺めていた頃と
変わらぬ姿で
我々の目を楽しませてくれている。

散りゆく雨の蓮田
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM

-

この花は
時空を超えた
そんな壮大なドラマを
身にまといながら
今日も咲き誇っている。




― 追補 ―

驚くべきことに、
大賀博士がこのハスの
発芽に成功させる瞬間が
当時のニュース映像として残されていました。


NHKアーカイブス
1951年制作 日本ニュース 『二千年前のハスの実』(41秒)


今、日本中で咲いている大賀ハスは
(株分けで増やしてるので)
この映像のハスそのものなのです。


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。